Buon Viaggio

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイルフライヤー。リーマンパッカー!

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイラー。
(写真: ノルウェイのブリッゲン - 世界文化遺産)

← グルメ記事はこちらのblog(美味探訪)に移しました。 → →

エルサルバドル

エルサルバドル 旅の費用と実績

エルサルバドル 旅の予算と実績 

アンティグア→ グアテマラシティ→ サンサルバドル 

1. Transport. by TICA BUS USD 35.84〈 ≒ 4,014円

2.accomm.(hostel一泊)USD 12.95 ( ≒ 1,450円 )

3.Misc.(グアテマラ出国税)USD 3 (≒ 336円)

円グラフにすると、こうなる。



★ 旅の反省 ★

(良い点)

1.  大幅遅延だったので無難にTICA BUSターミナルの2Fに泊った。数時間後に出発。

(悪い点)

1. エルサルバドルは通貨がUSドルなので、コンビニのATMで引き出しを試みたがお金は出てこなかった。Citibankのカードだったのでちょっと不安だったが、セゾンカードのように引き出されてなくてひと安心。USでもっと引き出しておくべきだった。

次は、「ニカラグア、コスタリカの旅の予算と実績」です。


サンサルバドルからマナグアへ

Buenos dias!

未明の3:50頃、ドアをノックすされ起こされました。ドアの向こうでボソボソ言ってます、バスのチェックインをするように。モーニングコールならず、モーニングドアとんとん。

すぐ出れるように荷物はまとめてあるので、すぐcheck in。
私が一番乗りでした。さすがにここで夜明かしをした人はいなかった模様。やっぱりね・・・。

乗客がそろったので、早朝5:00ちょっと前に出発。vamos a Managua!
オバマさん(似のTICA Busの人)も一緒でした。

出・入国税はあらかじめ合計USD18、各自徴収。

午前8:00頃に国境に到着。エルサルバドルを出国、ホンジュラス入国。
私の場合、パスポートのスタンプがたくさんあるので毎回チェックが厳しい。

P_20171001_124040

12:00頃、再び国境に到着。ホンジュラスの出国、ニカラグア入国。徒歩で越境。ニカラグアの入国審査は厳しく荷物も開けてチェック、バスもタイヤから消毒をしていました。手続きに1時間ほどかかった。

今日は、エルサルバドル → ホンジュラス → ニカラグア 

P_20171001_122844


バスは途中でオバマサンをおろし(ニカラグアの人だったのね)、ようやく午後5時過ぎにニカラグアの首都マナグアに到着。

ここでもTICA Bus併設のホテルに泊まる。アポなし。
一泊(トイレ、シャワー共同)、ファン付。USD 14。VISAカードで決済。。ちょっと高い分、綺麗で快適だった。

P_20171001_172000


バスタオル、石鹸、シャンプー付

P_20171001_172501


このあたり危険地帯なのでちょっと歩いただけ。ここじゃなくても宿はあったみたいだ。思ったよりもみんな親切。外で食事をしても良かったのだが、ニカラグアの通貨がないのであきらめる。

持ってきたマグヌードルを食べる。うまい。これはごちそう!もっともって来れば良かった。

P_20171001_174729


日が暮れるのが早いマナグア。午後6時ごろ。

P_20171001_180156


旅blogをupdateして就寝。Hasta luego!


アンティグアからサンサルバドルへ

buenas dias!アンティグア最後の朝。

朝食。妙にしんみりしました。
Ruthにスペイン語のソフトを教えてもらいました。「Duo Lingo」。早速Install.これはいい!日本に帰ってもこれでスペイ語を勉強しますとも!

P_20170930_081341


muchisima gracias! cuidate mucho. nos vamos!、と言って家を出た。
スペイン語ゼロだった私がこの家でかなり鍛えられました。

10時のTICA Busのシャトルに乗るために、9時過ぎに家を出た。本当にここに来るのだろうか?

P_20170930_093916


30分待っても来ない。
Hostal Burkhard のお兄さんが、外で待っている私の為に、TICA Busに電話をしてくれた。私が電話にでるとTICABusの人は「到着のバスが遅れているため、12時に頃にAntiguaに行く。そこでそのまま待つていてくれれ」とのこと。

P_20170930_101221


ならば。。。、あたりをプラプラして、Wendysへ。
コーヒーはGTQ 20もしましたが、お替わり自由でした。

P_20170930_110146


1時になってもまだバスが来ない。またTica Busに電話。担当者曰く、「渋滞していて遅れる。到着のバスが遅れているから、乗り継ぐバスも午後4時まで出ない。心配ないからそのまま待て」とのこと。えええ、最初からわかっていたらゆっくりしてたのに・・・。ま、いいか。

とにかく、Hoste Burkhardのスタッフさんには大変親切にしてただきました。お世話になりました。Muchas gracias! 一泊QTR 150のようです。皆さんも泊まりましょう。

P_20170930_101343


バスが到着したのは午後2時過ぎ。4時間遅れ。
シャトルではなく普通の車でした。降りる人と、乗る人が入り混じって、Antiguaを出たので午後2:20頃。
グアテマラシティには午後3:40頃到着。利用者以外は入れないようセキュリティーもしっかりしていて安心。荷物もそのまま係りの人が運んでくれた。Check in時に、バスは何時に出るのか聞いてみたら、到着のバスがまだ来ないので「4時半頃の出発になるのではないか」と言う返事。気長に待つことに。

P_20170930_161437


結局、グアテマラシティを出たのは午後4:45頃。

P_20170930_163356


噂通り、バスの中は極寒。
国境を超えるバスなので外国人もいるのかと思いきや私一人。地元の皆さん達でした。

P_20170930_163601


運転手さんが二人体制。
入・出国書類等を書類を取りまとめてくれる人はオバマさんに似ていた。スペイン語onlyでした。

途中、グアテマラを出国審査、エルサルバドル入国審査。TICA Busの人がまとめて手続きをしてくれるので助かる(入国審査、税関書類は自分で記入)。

首都のサンサルバドルのTICA BUSターミナルに到着したのは午後10:40頃だった。大幅遅延。しかもガタガタ道で気分が悪い。数時間後の出発なのでそのままバスターミナルで野宿でも良かったのだが宿で休むことにした。

明日、早朝5時のバスに乗るため、バスターミナル2Fの宿に泊まる。一泊(シャワートイレ付き)、USD 12.95。タオルとミニ石鹸が付いている。水シャワー。上から「打たせ湯」のような水道管から出ている(笑)。

P_20170930_224417


扇風機付。

P_20170930_224542


早朝4:15(出発の45分前)にはcheck inしなければならない。

ちなみにエルサルバドルの通貨はUSD

hasta luego!

美味探訪
Archives
Categories
記事検索
Traveler in a foreign land. UA Million mile flyer.
楽天市場
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

あにー

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ