Buon Viaggio

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイルフライヤー。リーマンパッカー!

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイラー。
(写真: ノルウェイのブリッゲン - 世界文化遺産)

← グルメ記事はこちらのblog(美味探訪)に移しました。 → →

イスラエル

イスラエルの旅 INDEX (12/26/2013〜 )

◆ イスラエルの旅 INDEX (12/26/2013〜01/2014)

イスラエル 旅の予算と実績、反省
イスラエル 旅のお土産

イスタンブールから成田へ (8日目)
イスタンブール散策 (7日目)

ハイファからテルアビブ空港へ
ハイファからアッコーへ(6日目)
ナザレからハイファへ
ナザレ散策 (5日目)
エルサレムからナザレへ
エルサレム Holy Tour (4日目)
エルサレムからベツレヘムへ (3日目)
エレサレム到着 (2日目)
成田からテルアビブへ(via 上海、イスタンブール) (1日目

旅準備編 - イスラエル航空券変更
旅準備編 - エルサレム宿予約!
旅準備編 - ナザレ、ハイファ宿予約!
旅準備編 - イスラエル行き航空券予約・発券!
旅準備編 -  「地球の歩き方 イスラエル」を買った

イスラエル 旅の実績と反省

★ イスラエル 旅の実績と反省★
(excl. tip & お土産:  tipやお土産代は含まず)

1. Airfare (航空券代)by NH & TK ..... マイルを使ったので(90,000マイル)、出国税と発券手数料のみ

NRT - PVG - IST - TLV - IST - NRT (USD 85,47≒ JPY 8,718)

2. Transportation (移動交通費) 

移動交通費  NIS 207,1 (≒ JPY 6,213)

3. Entry fees

入場料  NIS 49 + USD 25 (≒ JPY 4,020)

4. Acommodation (宿泊費)

宿泊費  NIS 83 + USD 75 (≒ JPY 10,140)

5. Meals (飲食費、ビール含む)

飲食費  NIS 204.9 (≒ JPY6,147)


円グラフにすると、こうなる。



★ 旅の反省 ★

(良い点)

・ 物価が高いイスラエルで宿泊はドミを利用したので安く済んだ。旅人が集う宿で情報交換ができてとても役に立った。
・ 前回ウズベキスタンの旅の反省で、今回はUSDを持って行って良かった(便利)。
・ 日程に無理がなく、このぐらいの期間でちょうど良かったと思う。

(悪い点)

・ メガネを忘れて不便だった(コンタクトのみ使用)
・ 同じ宿の人とエルサレム旧市街の「Holy Tour」に参加したが、これは失敗だった(USD 25)。そもそも世界史や宗教に詳しくないので、「Free walking tour」に参加すれば良かった。
・ 最後のトルコ滞在は要らなかった。



create your own visited country map
or write about it on the open travel guide

イスラエル 旅のお土産

◆ イスラエル 旅のお土産 ◆

エルサレムの旧市街(Jaffa門の通り)

・ デーツとイチジク(500gでNIS 40) ・・・・ クォリティがかなり良い!
・ 松の実(20gでNIS 25)

001


ハイファの「Holy Shop」で

・ 絵葉書3枚(NIS 8)
・ ベツレヘムのマグネット(NIS 15)

004


テルアビブ空港で

・Tishibi Estate 2007 Merlot (赤) x 2本

002


・ お菓子類

003


次は旅の予算と実績です。こちらからどうぞ

ハイファからテルアビブ空港へ

まだご覧になってない方は一日目からどうぞ、こちらです

ハイファ駅からテルアビブへ出発。

駅の自動販売機。ジュース類はだいたいNIS 10。高いな〜。

180


ハイファ→ テルアビブ  所要約1時間(急行)、料金はNIS 30.5

さようならハイファ!

「ハイファからテルアビブの空港まで電車で行ける」と聞いたが違う。駅でも聞いたが現在直通はない。駅の外へ出てバスへ・・・・・って、どこ?どうやら逆らしい。駅の反対側に出てしまった。ブリッジを通る為の切符を自販機で買う(無料)。

ようやくバス乗り場を発見。ベングリオン空港行きバス。

181


料金はタダだった。really? 降りる時にもう一回聞いてみたがやっぱりタダ。びっくり!

182


ちょっと渋滞に巻き込まれたが、1時間弱でベングリオン空港に到着。
空港のセキュリティチェックがかなり厳しい為、出発の3時間前までにcheck inするように言われている。物々しい警備。テロを警戒してかなりしつこく質問され、荷物も全部開けら隅々までチェックされている。

私の場合、すべて手荷物だったのでスルー(実はこの情報はエルサレムの宿で一緒だった人から聞いていた)。特別レーンでcheck in。出国審査もラクラク。ええ〜、いいの〜?拍子抜け。

ベン・グリオン空港はとても綺麗。中央に噴水もあり、でもこの音が寒々しい。
Free WiFiもあり。SSID: WIRELESS_BEN_GURION_AIRPORT

184


空港で、イスラエルのワインやお菓子類などのおみやげを調達!
もうUSD表示。イスラエルの通貨は使えない。

さようなら、イスラエル!

イスラエル 21:50 発 →  イスタンブール 23:50

トルコ航空、機内食。このぐらい軽いと助かる。

185


イスタンブール到着。
どうしよう?宿は決めていない。空港野宿も考えたが今日も一日歩きまわりかなり疲れていたので、空港のインフォメーションで宿を紹介してもらう。どこも軒並みUSD 120越え。しかも深夜だから必然的にタクシーだしな〜。

ホテル(一泊朝食付き、late chack out 18:00) + 空港往復送迎 x 2(市内へ行く分) = USD 100まで交渉。もちろんWiFiも使える部屋にしてもらった。いとオタク。

ホテルの向かう途中の国内線で、もう一人pick up。ドライバーが英語で話しかけているが返事無し。英語圏ではないらしい。ホテルチェックインの際、レセプションの人も同じように訪ねたがno answer.

Driver : Where are you from ?
男性: ...............................
Hotel man: Can you speak English?
男性: ...............................
Hotel man: Oh, you have a Chinese passport. Oh, I see. You're Chinese.
男性: ...............................
Hotel man: Oh, Uyghur?
男性: ...............................


確かに顔立ちがカザフスタン顔。中国人の顔じゃない。でもウィグルの人達は中国のパスポートなのね〜。へぇ〜。YesもNoも話せずどうやって旅するんだろうね〜。Astana 航空ならともかく・・・。

DBDだったと思う。この旅初めてのシングルユーズ♪ (ドミではない)

186


この時点でもう深夜01:30。疲れました・・・。おやすみなさ〜い!
to be continued.......... 次はこちらへ

ハイファからアッコーへ

シャローム!

今日はアッコーに行ってみる。駅から電車で行ける。駅の入口ではセキュリティーチェックもあり。

ハイファ→ アッコー 料金はNIS 15.5

急行だったので25分ぐらいで到着

139


駅から左に出て、そこから右へ、左をまっすぐ。海岸沿いを歩いてみる。

142


遠浅のようで、人の姿が見える、「釣れますか〜?」

141


行き過ぎて戻り、旧市街へ。

172


かつて、十字軍、マルムーク朝、オスマン朝などが繰り返し支配している。現在、旧市街の城壁の中はアラブ人が、城壁の外に広がる新市街にはユダヤ人が住んでいる。

143


共通券のチケットを買う、NIS 46だったか・・・(Turkish bathが見学できる)。

牢屋

145


牢屋が一部工事中。綺麗に飾ってあるのだが、過去の面影が全く感じられない。

146


147


ハンマーム (市立博物館) Turkish Bath

150


入口でヘッドセットを貸してくれる(英語)。時間で回るミニツアーになっているが、私一人。

151


スクリーンを見る。結構面白い。がはぁ〜っ!

152


終わり、隣りの部屋へ。Turkish bathの当時の様子を再現した映像を見る。ちゃんと蒸気も出る。、主人公の先祖が続々出てきて昔し話の討論会(アリエナイ設定)、面白い作りになっている。

153


オカシ美術館 ・・・・ オカシは人の名前、現代美術館

154


現代美術だからね...........

155


「Not made in China」とある。
その真意は?やっぱり世界共通なのかも・・・。 

156


あまり面白くなかった、オカシ美術館。

ジャーマ・アル・ジャッザール ・・・・ オスマン朝後期建築の傑作と言われている。

157


緩やかな坂を登ると

158


ここに出て、海がすぐ。

159


十字軍のトンネル ・・・・ テンプル騎士団によって建築

第一回十字軍により建設されたエルサレム王国。サラーフッディーンとの戦いに敗れ。エルサレムから撤退してアッコーに拠点を移した。この頃にトンネルが建設されたと言われている。しかし、アッコーが陥落するとその存在は忘れられたまま700年もの月日が流れ、1994年になって発見された。

161


真っ暗。城壁の中に普通にあり不思議なトンネル。

163


トンネルを出ると普通にスーク。人々の日常がある。

166


おいしそーーっ!

164


ピスタチオのを買ってみた。グラム売り。こんなんでNIS 17もする。そんなするのかとクレーム。甘過ぎるイメージがあるが、実際食べてみたらそうでもない。食べず嫌い。美味しかった〜。

165


地元の人で賑わっているファラフェル屋さん

171


右のお兄さんがスプーンで具をすくってミニコロッケを揚げている。まさに神業。
左のお兄さんが注文を聞いて手早くファラフェルを作っている。

170


好きな野菜を挟んでくれる。

167


出来たて

168


料金はNIS 12。 ここのが一番美味しかった。これがラスファラフェルになる。

169


見どころが旧市街に集約されている。さよなら、アッコー!

アッコー → ハイファ  料金は行きと同じくNIS 15.5
駅ではFree WiFiなので、待ち時間も退屈せずに助かる。

173


ハイファに戻り、バハーイー庭園へリベンジ。
登れるのはここまで。天気が良くても上まではいけないことが判明。ちっ!

175


ウェディングの撮影をしていた。良い表情♪

176


公園の前を海方向に歩き、左側にHoly Shopがあった。ここで「絵ハガキ」と「マグネット」を買う。

177


「マックカフェ」 ・・・・ コーヒー(S)、NIS 4.9。普通にラテで出てきた。最初から甘い。
ここでさっき買った絵葉書を書く。

178


冬のハイファ・・・・、ちょっと失敗だった。さようなら、ハイファ!
to be continued........ 次はこちらへ

ナザレからハイファへ

午後パラパラ小雨交じりになったので、早めにハイファに移動することに。
ナザレトランスポートのバス331番で、所要約1時間、料金はNIS 18

ナザレの駅前に到着。ここからなら宿まで徒歩5分ぐらいの距離。宿にcheck in後、早速散策。

バハーイー教団の聖地、バハーイー庭園  

132


雨なので危ないらしく手前のところまでしか入れない。ちなみにこんな公園でさえ、入るのセキュリティーチェックがある。

133


結構いろいろ散策した。宿から徒歩圏内なので助かる。
夜はお洒落な店で地元の人達で賑わっている「ファトゥーシュ」。最初で最後の豪華な晩餐。

137


パレスチナで作られている地ビール、タイぺ・ビール。やっとアルコール!なかなかうまい!

134


ファトゥーシーエを頼んだが、なかった。きゅうり、トマト、ナチョが入ったサラダ。
量が多くて飽きるし・・・。

136


シュワルマ ・・・・ 薄切り肉を重ねて大きな塊にし外側を炙り削いで食べる。
結構玉ねぎもたくさん入っているのでプルコギのようだ。これも量が多い・・・

135


これでINSで105 + tip 20 = 合計 INS 125 (≒JPY 3,600)
物価が高いイスラエルなので、このぐらいする。

店の近くから、夜のバハーイー庭園、ライトアップ。

138


今日の宿は、Yafo 82 Guesthouse。

Booking comでも8.2の高評価。四人部屋ドミ。普通な感じ。WiFiはロビーのみ可。朝食なしの素泊まりなのにUSD 31もする(カード払い可)。昨日の宿が良過ぎたので・・・。ハイファはそれだけ都会ってことだ。ハイファ自体はこれと言って観光するところはないがどこに行くにも便利な場所なので、ここを拠点に観光すると良いだろう。

ロシア人(たぶん)とアメリカ人と一緒の女子部屋。部屋にトイレ・シャワーが付いていて綺麗。ロシア人とは仲良くなった(長期滞在だと思う)。アメリカ人はサンフランシスコから来てるって言ってた。彼女は夜遅くに帰って来たし、朝もずっと寝てたし、マイペース。ドミだとそれぞれ自己紹介をするので面白い。

私のベッドは右。毛布があまり綺麗ではないが、共有部分はかなり綺麗(女子ドミなので)。

131


そして夜は更けて行く。to be continued.......... 次はこちらへ

ナザレ散策

シャローム!

夜中は結構寒かった。やはりナザレは北だから寒い。ロビーには暖炉もあったけど、部屋は電気ストーブ。だけど問題は電圧。昨晩も今朝もヒューズが飛んだ。今朝、ちょうど隣りの部屋の二人とシャワールームで会ったら、「お湯が出なかったよ」と言って震えて出てきた。これはきついでしょ?私達は昨晩問題はなかったけどね。教訓、「シャワーは夜のうちに入れ!」。

宿の人達も朝食の前に軽く散策。朝なのに結構観光客がいる。

受胎告知教会 ・・・・ 1969年に完成した中東最大級のモダンな教会。

097


各国から寄贈されるマリア像が飾られている

104


スペイン ・・・・・  ちょうどモロッコに渡る手前かな。わかる。

106


韓国 ・・・・・ チマチョゴリですか?

107


タイ ・・・・・ まさか....

108


アイルランド ・・・・・ 一番普通に見える

109


聖ヨセフ教会

099


098


101


地下がある。

123


102


103


宿に戻り入口でPINの書かれた紙を失くしてしまったことに気が付く!うわっ、さっきだ。教会で寄付した時に、一緒に紙を入れてしまった!。ロックされて入れない!!しつこくピンポンを押しても出て来ないし・・・。スークに戻り、お兄さんの携帯を借りて宿に電話しドアを開けてもらう。携帯を借りたお兄さんには「柿の種」をお礼に上げた。お兄さんは「これは日本のか?」とめっちゃ喜んでた!やっぱり中東は「柿の種」だよね。

188


Samiに電話して、入口でピンポンを押してドアを開けてもらうことに(結局何回押しても出て来なかった)。しばらくしてやっと出てきて、なんとか朝食に間に合った。9:30過ぎ、危ない。教訓、PINは失くすな!

111


テラスで朝食 (コンチネンタルB/F)

112


朝食の後も散策。宿の近くにあるのでどこも徒歩圏内で便利。

聖マリアの井戸 ・・・・ 水も出ていなくゴミが、あらら。

113


聖ガブリエル教会 ・・・・ もう一つの受胎告知教会(ギリシャ人が作った)

114


中は音楽がかかっていてとてもムーディー。

115


宿の近くのスーク。茄子の形がすごい!

127


オジサンに生のデーツをもらって食べた。生のデーツって葡萄みたいな食感で甘くない。

128


126


この地域で電気ストーブの需要は高い。

125


小さい街なのに観光客が多い。
キリスト教の街なのに、同じ旧市街のスークの中にモスリムも共存していて不思議な感じだった。

to be conitnued............. 次はこちらへ

エルサレムからナザレへ

宿に戻り、エルサレムを後にします。お世話になりました。
Chain Gate Hostelは「嘆きの壁」の前にあり。旧市街の宿で便利でした。

018


城壁の外から、LRT(路面電車)でバスターミナルヘ向かいます、

042


料金はNIS 6.8 。こんな素敵なものが走ってるんです。

041


バスでナザレへ向かいます。
また出発まで1時間ほどあるので、この奥の店で遅ランチを。

044


ファラフェル(INS 15) + コカ(INS 9)

043


マクドナルド(関西弁では「マクド」)もありました。青のイスラエルカラー。

045


エルサレムからナザレへ。所要約2時間強、料金はINS 42.

046


アラビア語で書いてある。オジサンの頭も光ってます こっちはスキンヘッドに人が多い。

047


ナザレ到着、あたりは真っ暗。また宿探しで迷う。ダウンヒルがある。

今日の宿、Samire Guest House。メルヘンチックなとても素敵な宿。
5人部屋のドミ(男女混合)。二段ベットじゃない分助かる。一泊朝食付き、INS 83

ウェルカムドリンクはハーブティ。たくさんの種類のハーブがあった。
オーナーのSamiが気さくで、観光スポットや美味しいお店などを教えてくれた。

048


to be continued......... 次はこちらへ

エルサレム Holy tour

シャローム

PCがやっと復活しました。やれやれ・・・。
朝食、昨日と同じですが、タヒーナは好き。

017


今日は同じ宿の人と、Holy TourのWalking Tour(英語)に参加することにした。
朝、09:30にヤフォ門前に集合し徒歩で見学。料金はUDS 30(だったかな?)

熱心なアフリカからの信者もいます。どこの国でしょう?
説明の時、King Davidがやたら出てきます(←ダビデね)。これも聞き取れないと脱落。

019


観光客の銅像の前での決めポーズが目立ちました。

020


あとで説明を補足します(すみません!)

023


ユダヤ人街のスーク。どこよりもゴージャス(私の宿はパレスチナ人街)。

024


025


026


028


029


030


嘆きの壁。この日は一般の人も入れる。
壁のわずかな隙間に祈りのメモを入れてます。紙屑の問題はどうなんでしょう?

034


向かって、左が男性、右側が女性と分かれている。この時、女性の方が多かった。
前後に体を揺さぶりながらお祈りしている人がいました。

035


039


最後はオーストリアのなんとか?ってところ(後で補足します ^^;)の屋上で解散。

036


はっきり言って、世界史や宗教に詳しくないと理解できないツアーだった(英語も)。

038


一緒にHoly Tourに参加した宿の人がいろいろ説明をしてくれましたが、なにせ私が世界史を知らなすぎ。「もっと世界史や宗教を勉強した方がいい」と言われました。がびーん!

to be continued............. 次はこちらへ

エルサレムからベツレヘムへ

シャローム!

宿の朝食。タヒーナ(ごまのペースト、オリーブオイルがけてある)、ピタパン
おいしい!

046


今日は、ベツレヘム(パレスチナ自治区)へ行く
ダマスカス門から21番バスだと乗り換えなしでベツレヘムまで行ける。
行きはセキュリティーチェックなし(帰りあり)。

047


料金はNIS 7.5、所要40分ぐらい。

048


旧市街のスーク。アラブに良くある混雑した風景。人々の生活がここにある。
昨日に続き、またもやトウモロコシ屋を発見!

049


料金はNIS 5,。パレスチナの方が若干物価が安いと聞いていたが、同じ。

050


聖誕教会
イエスが生まれたとされる聖地

055


教会内部にあるモザイク(床を覗くと。。)

051


ミルクグロット (伝説の教会)

064


洞窟

063


いろいろ歩いてみた。
バス(21番)で、エルサレムへ戻る。

067


帰りはセキュリティチェックあり。銃を持った人がバスに乗り込んでくる。パスポート必携。

068


エルサレムに戻り、Mt. オリーブへ。
シオン門から、坂を下り、また坂を登る。上り坂はきついが徒歩で充分。

001


Mt.オリーブ途中

主の祈りの教会

002


003


山頂下はお墓。土葬なのでしょう。

007


山頂からの眺め。エルサレムの風景。

005


日が沈むのを待つかと思ったが、諦めた(根性無し)。

006


Jaffa門の(宿の近く)のスパイス屋さんのお兄さん。こっちの人はスキンヘッドの人が多い。道を通るたびにタダで食べさせてもらった(笑)。もちろん、デーツ、イチジク、松の実をおみやげに買った(グラム売り)。同じ宿の人にも紹介。

061


こんなにあります。

062


こっちのお店は「ピカジュー」。
ジューリッシュ(ユダヤ人)の「ジュー」だよね。帽子&もみあげ。この様子から敬虔なクリスチャンである事はわかる。

064


to be contimed...............  次はこちらへ

美味探訪
Archives
Categories
記事検索
Traveler in a foreign land. UA Million mile flyer.
楽天市場
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

あにー

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ