Buon Viaggio

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイルフライヤー。リーマンパッカー!

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイラー。
(写真: ノルウェイのブリッゲン - 世界文化遺産)

← グルメ記事はこちらのblog(美味探訪)に移しました。 → →

ベトナム

◆ホイアン・フエの旅 INDEX (2015年8月)◆

◆ ホイアン・フエの旅 INDEX (2015年8月) ◆

ホイアン・フエ 旅の費用 予算と実績
ホイアン・フエ 旅のお土産

成田空港→大江戸温泉物語へ(「東京シャトル」バス利用者、1,200円で利用可)

さようなら、ホイアン
フエ→ ホイアンへ
フエ→フォンニャ洞窟へ
ホイアン→フエへ
ホイアン→ミーソン遺跡へ
成田→ダナンへ(via SGN) ベトナム航空

旅準備編 - 2  ベトム航空 オンラインチェクイン (出発24時間前から)
旅準備編 - 1  ダナン行き 航空券予約・発券

ホイアン・フエの旅の費用 予算と実績

★ 旅のBudet vs. Actual ★
(excl. tip & お土産:  tipやお土産代は含まず)

一日目をご覧になってない方は是非一日目からどうぞ!

1. Airfare (航空券)by ベトナム航空 ・・・ コミコミで JPY 53,510

NRT - SGN - DAD - NRT   詳細はこちら

2. Transportation (移動交通費)

Don 33,000 + USD 11.15 (≒ JPY 3,311)

3. Tour (現地ツアー参加) ・・・・ ミーソン遺跡、フォンニャ洞窟

Don 20,000 + USD 36.77 (≒ JPY 4,712)

4. Accommodation (宿泊費 合計)

Don 317,100 + USD 65.4 (≒ JPY 10,017)

5. Admission fees(入場料) ・・・ ミーソン遺跡、フォンニャ洞窟

Don 100,000 + USD 7.28 (≒ JPY 1,491)

6. Meals (飲食費) ・・・ 水、コーラ、アイス、外食など

Don 597,000 + USD 2 (≒ JPY 3,719)

円グラフにすると、こうなる。



★ 旅の反省 ★

(良い点)

・ 航空券が安かった!
・ 物価が安い(宿泊費、飲食費、交通費)。特にフエのホテルがサービス満点!
・ 日本から持参した扇子が役に立った。
・ 旅の最後で大江戸温泉と言うのもいいかも知れない(無理して良かった)。

(悪い点)

・ ボールペンを忘れた!(入・出国審査等でこれは必須でしょう)。
・ かなり暑かったのに帽子を忘れた!
・ 中部は特に山が多いので、数時間でも移動が大変。フエからの日本直行便はないが、片道フエにすれば無駄がなかったと思う。

フォンニャ洞窟の近くに、また新しい洞窟が発見されたと聞いた。そっちの方がスゴイと本に書いてあった(ショック!)。遠すぎて二つ行くにはNG。季節を選ん是非再訪したい!

visited countries (増えてないので変りなく)



create your own visited country map
or check our Venice travel guide

ホイアン、フエ、旅のお土産

ホイアン、フエ、旅のお土産

今回、お土産と言うお土産は買っていない。
理由は、売ってる物がベトナム産でない物が多すぎ。興味が沸かなかった。


ホイアンの絵葉書

115


ビール、ピーナッツ、サンダル

113


ベトナムコーヒーフィルタ

KIMG0973

次は、「ホイアン、フエ、旅の費用 予算と実績」です。

成田空港から大江戸温泉物語へ

ベトナムから帰国後、東京シャトルで大江戸温泉物語へ直行

22:20頃 大江戸温泉物語へ到着。

110


ちょうど帰宅する人達でごった返していた。外国の方々も多い。

大きな荷物の人は、事前に外のコインロッカー(400円)に預けなければいけない。それでも入らない大型の荷物はフロントで有料で預ける。backpackをロッカーに。入場料1200円で入れるのに、このロッカー代400円は想定外の出費

111


この利用券で1200円で朝9時まで利用可。助かるね〜。
check inし、浴衣と帯を選び、これに着替える。館内は浴衣着用。まるで七五三(笑)。

109


こちらが通常の料金。

112


浴衣に着替えた後、外の足湯に行ってみます。

KIMG0959


敷き詰められた小石が痛いんですよ

KIMG0960


暗闇ですが、若者のグループが「いてぇ〜っ!」と大はしゃぎです。グループ別に座ったりして・・・。私一人、完全アウェイな状態でした

KIMG0961


大浴場は露天風呂もあり、若干塩素臭が気になりますがまずまずでした。

もう24時前だったので、半分以上の店は締まってます。

KIMG0963


無事旅も終えたことだし、 ビールと枝豆。cheers! 850円

KIMG0962


男女別のリラクゼーションエリア(仮眠室)。静かで快適。おやすみなさ〜い!

KIMG0964


それにしても、大江戸温泉物語はほとんどが若者。香港やスペインの帰りに利用した「天然温泉平和島」は中高年向け。その違いですね。大江戸温泉物語の仮眠室なら静かですやすや熟睡できます

朝7時、館内放送の和の音楽で爽やかに目覚める。だってベトナムはまだ5時だよ。

朝食は「片口屋」で。納豆定食490円。Japaneseです。

KIMG0966


大江戸温泉で一番人気のお土産。
ベトナムでお土産買わなかったしな〜。大江戸温泉に行ったことにしようか・・。

116


check outのお会計の場所にあった、バス無料券をもらう。東京駅行きの無料バスで帰宅。

「東京テレポート」行きのバスは頻繁にあり、その他、「東京スカイツリー」行きや「品川」行きなどの無料バスもあります。

KIMG0968


無事午前中に帰宅。

ベトナムの旅でお世話になったすべての皆さんに心から感謝です。

カモン!(ベトナム語)  Thank you!    ありがとう!


次は「ホイアン、フエ 旅のお土産編」です。to be continued...........

さようなら、ホイアン!

シンチャオ!  朝食が食べられなかったのが残念

07:15、シャトルバス(ミニバン)で空港に向かいます。

料金はDon 110,000。宿にpick upに来てくれます(事前予約制)。10人ぐらいしか乗れないのですぐいっぱいになった。

106


50分程度でダナン空港に到着。出国審査後、ゲート近くでお土産を物色。何も買ってないからね。驚いたのは、街中で買うより空港の方が安い!普通は逆だろう?私のそばにいた日本人がショックを受けていた。

フィルター式のベトナムコーヒーを買った(10杯分)。USD 6。へーゼルナッツ味。

114


10:25 ダナン発 → 18:00 成田行き (VN318) A321だ。

直行便なのは嬉しいのだが、機体がA321と小型で左右に各3列づつしかない。トイレは後方だけ。これで飛ぶんだ〜。ちょっと驚いた。座席にパーソナルビデオもないので、エンターテイメントも期待できない。

機内食(朝食?)。二種類あり、Fishにした。

107


なるほど、ベトナム航空は成田でケータリングを頼まず、自国(ベトナム)から戻り便の機内食も積んでくるんだね。なんか美味しくないと思った。でもそれも航空料金に反映されるから良いのかな〜。それに、ベトナム航空は機内販売もないのだよ。これもびっくり。

18:00前、成田空港到着。

帰りももちろん東京シャトルのバス。まっすぐ帰りたいところだけど、予告通り、お台場の大江戸温泉物語へ。

大江戸温泉まで行くと告げると割引利用券をくれた。1200円で利用できる。

109


バスの時間はかなりあるので、成田空港の4Fの出国階でレストランを物色。中華の店は大陸の人達の大きな声で後ずさり。他の店も晩酌セットが1000円超えが普通。これではhappy泡〜じゃないでしょう。

「京成友膳」でtake outの押し寿司しを調達。しかも夜なので半額。

108


20:50 成田1タミ発 → 大江戸温泉物語行き(via 東京駅)

今夜の宿は大江戸温泉です。to be continued................. 次はこちらへ

フエからホイアンへ

シンチャオ!

朝食。ホテルのお姉さん達とも仲良くなり、今朝はお勧めの名物のバナナのパンケーキにした。一般的なパンケーキとは違い、生地も薄くかなり軽い感じ。

093


さらにフエ名物「ブンボーフエ」も。「これは私じゃないよ」と言ったのだが、サービスだって。量が少なめなので食べられる。

094


フエはかなり前(10数年前)にも来たので、今回フエは観光しない。
その当時、ハノイから寝台でフエに来て、寝台に乗る際に紹介されたフエの郊外の宿に泊まった。USD 12(per night)ほどの宿に4日ぐらい滞在しバイクで観光をした。同じ宿で出会った人達と食事をしたり、楽しかった思い出がある。それが私の記憶している「フエ」。その頃と今と比べるとかなり発展した気がする。

午前中、絵葉書を求めて炎天下の中歩いたが、絵葉書どころかお土産さえ売ってる店がどこにもない。観光客さえ見かけないし・・・。もう、バイクのクラクションの音がやかましく耳に残る。

街中も地方も赤いベトナムの国旗を掲げるところが多く目に付く。愛国心が強い。

099


市場のあたりも散策。
その近くにあった「Hanh」。バインセオのミニ版「バインコアイ」が人気の食堂。

098


バインコアの料金はDon 25,000。

095


ではその「バインコアイ」を注文。お兄さんが食べ方を教えてくれた。

096


まずお皿に野菜を乗せ、バインコアイを切って乗せ、上から特製ダレをかけて食べる。

097


ドリンクは相変わらずDon 15,000〜。地元の人達はお茶(蓮?)で食べている。私もそれを頼んだらタダだった。バインコア自体衣が多い天ぷらのような感じ。日本でも海老のかき揚げで再現出来るような感じ。んんん・・・、私はバインセオの方の方が好きだな。

お昼にホテルに戻ると、他の宿泊客も1Fのエアコンの効いたところで休んでいる。すると、すぐマンゴーのフレッシュジュースが出た。なんと、うれしいサービス!出発までくつろぐことに。

100


13:00出発で予約してもらった送迎のミニバンでバスターミナルへ。ホイアン行きのバスは一日2便。

13:30のバスでホイアンへ出発。さよなら、フエ!

102


また足が伸ばせる二階建てのバス。

101


途中休憩で、あまりの暑さでアイスを買った。私が最初に手にしたのはDon 50,000だって。「高い!」と言い慌てて戻し違うのにした。これはDon 30,000。食品に関してはずいぶん韓国製があったけど。Don 30,000でも充分高いと思うよ。

KIMG0957


17:30頃、再びホイアンに到着。

今夜の宿は、住宅街の宿、「Areca Homestay」。
もう寝るだけだから安いところでいいやと思ったら、とても綺麗で良い宿だった。一泊朝食付きUSD 15。この旅で一番安い宿。

PCを借りてE-check inのボーディグパスを印刷させてもらうが、とても遅いPC。しかもそこから宿のメールアドレスに転送し、さらに別なPCから印刷してと言われた(なんでやねん)。その間、横で宿のおばさんがドラマを見て笑っている。

103


徒歩10分ほどのところに、本家製造元の「ホワイトローズ」があるので再訪。最後の晩餐。
やっぱりこれが一番美味しかったかも。ホワイトローズ Don 70,000 + ビールDon 20,000。

105


この後、ホイアンを散策してお土産などを調達。
といっても、輸入物(ラオス、タイ)が多く、欲しい物がない。モン族と思われる刺繍物が目立った(それはラオスで買ったしな〜)。

to be continued........ 次はこちらへ

フエからフォンニャ洞窟へ

シンチャオ!

早朝6.30、バスでフォンニャケーブ(洞窟)へ向かいます。山なので片道4〜5時間かかる。
ホテルで申し込んだ1 day tourで料金はUSD 35(入場料Don 150,000←高っ!、ランチ込)。

他の宿の人達が、なかなか全員が時間に揃わず、実際出発したのは07;15ぐらい。だったら、もっとゆっくり出てきたのに・・・。目指すフォンニャケーブは、フエから北西210キロのところにある鍾乳洞。周辺には大小300の鍾乳洞がある。2003年に世界遺産に登録された。まだ登録されて新しいせいか、観光地ではここの絵葉書もない。ちなみに、ここは7月と8月のみツアーがあるようです。というのも、9月からはまた雨季に入り川が増水するので・・・・。Lucky!

002


お昼に頃やっと到着、さきにみんなでランチ。中華っぽい物が並んだ。結構オイリーなので、腹二分目ぐらいにした。

003


この船で出発。

004


005


天候にも恵まれカンカン照りの晴天!

006


洞窟が近づいてきた。

007


008


洞窟の中は冷蔵庫の中のように涼しい。

011


想像したよりもかなりスケールが大きく、北部のハロン湾より凄い!

010


どれも同じように見えるかもしれないが、実際見ると感動する。

014


途中歩けるところがあり、そこから30分ぐらい中を歩きながら、出口に向かった。

017


ぼちぼち出口が近づいてきました。

019


写真はたくさんあるんですが、Blogではこのぐらいに留めます。

020


19:30ごろようやくフエに戻りました。
ほんと山道なので疲れます、いえ、ドライバーさんですよね、疲れているのは・・。

宿に戻り、一休みしてから、ホテルの人においしいお店を教えてもらいました。

Nina Cafe
ホテルからわずか3分ぐらいのところにあり。名前は洋風ですが、きわめてベトナム的なお店です。TripAdvisorでも上位にランクインしているようで、その看板も掲げてありました。

028


店の天井。ベトナミーズな装飾。
店内な外国人観光客でいっぱい。おそらくオーナーは外国人。私の隣の席でネットしながらビールを飲んでいた。店員がたびたびそこに来て、不満をたらたらぶちまけていた。待遇に問題があるのでは?

027


セットメニューがDon 150,000からあり(ドリンク別)お得なようだが、要らないものもあるのであえて単品で注文。

まずフエ名物の「バインべオ」を注文。蒸し上げた米粉に干し海老をトッピング。金魚藻(ベオ)に似ていることからその名が付いた。一度食べれば良い感じ。見た目はホイアンで食べた「ホワイトローズ」に似ている。

025


こちらもフエ名物、「ブンボーフエ」。丸面に辛めのあっさりスープ、トッピングは牛肉。

026


ビール、バインぺオ、ブンボーフエの三品でDon 105,000でした。

今日も充実した一日でした。to be continued............ 次はこちらへ

ホイアンからフエへ

シンチャオ! ホイアンの朝です。

今日の朝食はバインミーに。
バインミーとは、バケットにアジアンな具が挟まったサンドウィッチ。

008


フルーツもたくさん

009


ホイアン散策。
私の宿は旧市街の中心にあるので、どこに行くにも便利。

010


涼しげなサンダル。Don 66,000

017


フルーツ。最初はDon 200,000だったのに、最後Don 50,000で買った。

016


通りで見つけたネールの店へ。ベトナム式ネール体験。
ペディキュアにとどめた。Don 80,000。これでサンダルを履いても美しい足。

このすぐそばの本家本元の「White Rose」で早めのランチ。
ここで手作りされたWhite Roseが各レストランで出される。

015


メニューはこれだけ

011


奥の部屋で女子が手作りしている。

013


やっぱり本家のWhite Roseはうまい!
White Roseを注文すると、海老蒸し餃子も付いてきて、Don 70,000。コーラはDon 15,000.

012


宿に戻り、車が来るまでゆっくりすることに。
ベトナムは、バスを予約すると、宿からバス乗り場まで送迎のミニバスが来てくれる。助かる!

ホイアン → フエ ・・・・ 料金はUSD 6。

二階建て大型バス。フルフラットになるリクライニングバス(3列になってる)。お座敷タイプ(?)とでも言うのだろうか。足が伸ばせてこれはラクだ!

018


4時間後、やっとフエに到着。長いな〜。

019


バスターミナルから宿までは、シクロでDon 10,000だった。
夕暮れのフエ。風を感じながら大通りを爽快に進む。5分ほどで到着。

020


フエの宿は、Jade Hotel 。ホイアンを出る前にBooking comで当日予約。

チェックインの時、ウェルカムセット。冷たいおしぼりと、ドリンク、フルーツ。

021


一泊朝食付き、USD 16.2 。ベッドに薔薇の花びらが散りばめられている!

022


部屋にもフルーツとミネラルウォーター。
booking comのheavy userということで、こちらもホテルからのspecial service.

ホイアンで買ったフルーツもあるんだよね〜(>_<)

023


明日は早朝から世界遺産のフォンニャ洞窟へ行きます。
to be continued............ 次はこちらへ。

ホイアンからミーソン遺跡へ

シンチャオ!

宿の朝食。何種類かの中から選べ「フォー」にした。
オーダーしたら、なんと生麺のフォーを買いに行ってくれたよ。スープが薄味。ンゴン!(うまい)

viwt 1397


フルーツまで出た。フォークが刺さっているのがちょっと違和感。

viwt 1398


さて、今日はホイアンからミーソンの遺跡へ。宿で申し込んだツアー料金はUSD 8。安い!同じ宿からスペイン人達も一緒に。

viwt 1399


1時間ちょっと走った後、ミーソンの遺跡に到着。ここ入口。
入場料はDon 100,000もする。結構高いね。これだけ別徴収。世界遺産だからかな。

viwt 1400


チャンパ王国の聖地だった場所。1999年ユネスコの世界遺産に登録された。

viwt 1401


ほんと、何にもないところにポツンとある。

viwt 1403


日陰がないのがつらい。それでも強烈な巻き舌英語で説明を続ける。

viwt 1404


熱中症寸前!危険

viwt 1405


暑くて倒れそう・・・。ベトナム戦争でいくつか破壊された跡あり。

viwt 1407


あとで補足します。暑くて苦しい(>_<)

viwt 1409


クルーズを楽しみたい人は追加でDON 20,000、なんとこの値段でランチも付く。
13人が参加。それ以外のほとんどはバスでホイアンに戻った。

私たちは、途中、村に寄りながら、この船でホイアンまで戻る。

viwt 1421


船に乗ると、昼食が準備されていた。猛暑で歩いたから、みんな完食。

viwt 1414


野菜炒め。

035


viwt 1417


こりゃ〜、クルーズに参加したほうが絶対に良いね。

viwt 1418


海上キオスクかな?

viwt 1419


途中、こんな村にも寄った。伝統工芸品はここで手作りされます。

viwt 1423


カヌーも

042


viwt 1420



午後2時半ごろ、ホイアンの町に辿り着きました。
途中で降ろされ「ここはどこ?」状態!炎天下の中迷いようやく宿に到着。

暑さで体力消耗です。夕方になるまで、ひと休み。

044


ベトナム版コカ・コーラ(裏), so cute!

viwt 1426


涼しくなったころ出かける。

001


別な店で今夜もホワイトローズ。ここはスウィートチリで食べる。Don 50,000、ビールがDon 15,000。

003


春巻きも頼んだが、高いだけでイマイチ。Don 50,000. 

004


ライトアップされた「日本橋」。ブレブレです。小さ〜い。
昔、ここに日本人村があったとか、なかったとか?

007


川沿いの賑わっている屋台。こっちの方が良かったな〜。

006


to be continued......... 次はこちらへ

成田からダナンへ (vis SGN)

早朝、銀座(数寄屋橋)06:21発、東京シャトルのバス(900円)で、成田空港に07:30到着。

出向審査後、朝早くうろうろしたがお店も締まっている。とりあえずPCをset up。

KIMG0953


09:30 NRT - 13:20 SGN (VN301) ・・・・ ホーチミン行き

機内サービス。ベトナムのビール。

viwt 1380


機内食(朝食?)はJapaneseかWesternの二種類。Japaneseにした。
手前右は、ご飯にハムカツに乗っている。これJapaneseというより居酒屋メニューのような・・。

viwt 1381


出発から5時間半後、ホーチミン到着。
ホーチミンの天候は晴れ。気温は摂氏35度。日本とベトナムの時差は2時間。

予定時刻より早めに到着した。ここからトランジット。
いったん入国審査を終え外に出て、5分ぐらい歩いたところに国内線ターミナルがある。スルーで乗り換えが出来ないのが面倒。

国内線ターミナルは人でいっぱい。時間はたっぷりある。搭乗ゲート前にレストラン発見。両替がまだなのでベトナムの通貨ドンがなく断念。あぁ〜、さっき国際線ターミナルで両替しておけば良かったと反省。見てるだけでドンがなくて入れない。

viwt 1383


15:50 SGN - 17:10 DAD (VN 124) ダナン行き

突然豪雨。出発が大幅に遅延。機内で1時間ほど待ち出発。

viwt 1382


17:40頃、遅れてダナンに到着。

空港で両替。荷物検査場を出た右側にディスペンサーが並び、その奥にあった。

JPY 10,000 = DON 1,722,000

viwt 1386


空港からのホイアンへの手段はタクシーしかないようだ。表示してあるフラットレートはDON 400,000。たっ、高い、それにいきなりタクシーなんか使ったら負けでしょう(←どういう意味 - 笑)。空港外を左側に行った方にモトサイ(バイク)があり、市内のバス乗り場まで2ドルで行ってくれるとのこと。ではそれに!いきなりヘルメットを渡され商談成立。

大通りのバス乗り場で降ろしてもらったらが(バス停にホイアン行きのバスが「1番」と書かれていた)、この時間、ちょうど6時のバスが出てしまったようで、しばらくバスがない。結局、オジサンのバイクでホイアンまで走ってもらうことにした。距離にして30kmちょっと。先ほどの空港からバス停までの分も含み、料金はUSD 10で交渉成立。風を感じながら50分ほど走行。寝たら死ぬ! 町中に入ったらさらに宿がわかりずらくさらにひと苦労。いろんな人達に聞きながら何とか到着。

バイクのおじさんとお別れ。ミネラルウオーターと、日本から持ってきた「マーブルチョコ」と「柿の種」をプレゼント。カモン!(ベトナム語でありがとう)。

viwt 1384


今夜の宿, The Cornor Homestay。旧市街中心地にあり、とても便利な場所。
一泊朝食付き USD 16、booking comで予約。

viwt 1385


近所の旧市街をうろうろ。

viwt 1387


viwt 1388


考えてみたら、機内で食べた朝食しか食べていないよ。では店に入りましょう!

viwt 1396


メニュー

viwt 1392


ホイアン名物「ホワイトローズ」と、地元のビール。うまいねっ!

viwt 1393


こちらも「カオラウ」。汁のない麺でトッピングにポークが乗っている。伊勢うどんを真似たとある。

viwt 1394


中はこんな感じ。甘めの味。最後のミントが微妙。一度食べればいいかなって感じ。

viwt 1395


長い一日でした。to be continued............ 次はこちらへ
美味探訪
Archives
Categories
記事検索
Traveler in a foreign land. UA Million mile flyer.
楽天市場
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

あにー

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ