Buon Viaggio

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイルフライヤー。リーマンパッカー!https://twilog.org/felice888

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイラー。
(写真: ノルウェイのブリッゲン - 世界文化遺産)

← グルメ記事はこちらのblog(美味探訪)に移しました。 → →

アメリカ

セドナ NY、SFO 旅のお土産

セドナ 旅のお土産

セドナのハーブティー ・・・ セドナのボルテックスパワー入り、無添加ハーブティ。
沸騰したお湯を8oz(= 226g)入れて、5〜10分蒸らす。

KIMG1278


ドリームキャッチャー ・・・ これを飾ると幸せを呼ぶと言われている。
色違いで3っつ(ピンク、ブルー、茶色)買ったがすぐなくなった。

KIMG1280


セドナのオーガニックのハンドメイド石鹸 ・・・・ オレンジとバンブー。

022


セロナのパワストーンのブレスレット
出発直前、紫のダウンを貸してもらったMichelleへのお礼。同じ「紫」で統一。

KIMG1279


セドナのブレスレット ・・・・ これ自分用。キャサリンとお揃い。

023


★ NY・サンフランシスコのお土産 ★

チョコレートと「おっとっと」的なスナック菓子

KIMG1281


Whole Foodsのエコバッグ(中)とのど飴 ・・・ 色がいいでしょ?

009


風邪薬(お湯で溶かして飲むタイプ)
日本の薬事法基準よりも多く処方されている成分があるので効果てき面。

KIMG1282


「フムス」と「Bristol Farmsのエコバッグ」

KIMG1283


★ LAのキャサリンにもらったナッツ ・・・・ 大切にいただきます!

024


次は「旅の予算と実績」です。to be continued........

サンフランシスコから羽田へ、インボラUG

Good morning!

サンフランシスコは晴れ。
景色も良いし、料金のわりに期待以上の部屋でした。

朝食は上階のエグゼクティブラウンジでしたが、満席だった為、1Fの「Fire/Vine Grill & Bar」に振り替えてもらえた。オードブル、温かい物、パン・マフィン類、フルーツ、チャイニーズ(お粥2種、点心、チャーハンなど)たくさん。

酒のつまみのような物だけ選んだ。やはり旅の基本は食べ過ぎないこと!

070


check outし、空港から直結のBARTで街中へ。BARTのカード式のチケットの買い方がからないようで行列。係員もいないしね。定額から減らすか増やすかでチケットを買うのが基本。私の場合また空港に戻るので、片道x 2 (往復分)の金額になるUSD 20を押して、ボタンで端数を微調整して乗車分ぴったり買った。

SFO Airport → Union Square  料金は往復でUSD 17.6ぐらいだったか? 所要30分ぐらい。

BARTに乗ったら臭い車両があって・・・・、寝どこなのか?ここずっとサンフランシスコはこんな状態で治安が良くない。町の中心部でも道で寝てる人がいたりとか。かつての良い印象は全くない。

スーパーでお土産を調達(チョコレート、風邪薬など)。

KIMG1281


ユニオンスクエアの駅直結 「Westfield」の地下にある「Bristol Farms」で、キャサリンお勧めの「フムス」やエコバッグを買ったり・・・・。

KIMG1283


さぁ〜、空港へ戻りましょう!!
こんなに慌てるならホテルを早く出れば良かったけど、なにせ到着したのが深夜だったんで・・・・。

Union Square → SFO Airport

空港内でAir Trainで「Terminal G(国際線ターミナル)」下車

空港でチェックイン後→ Security → United Clubへ。

「United Club」で待つ。期待してなかったけどサラダやフムスがあった。

075


18:10 SFO → HND 行き (UA875)

ゲートUGされた。 ビジネス後方、窓側の後ろ向き。これ嫌なんだけど、この方が安全らしい。

アメニティ(スリッパと洗面道具等)

KIMG1274


シャンパン

076


前菜

077


和食の他、3種から選ぶメインの機内食は「サーモン」にした。
トッピングに蟹がのっているのだが、美的感覚まるでゼロの盛り付け!

078


到着前、夜なのになぜか朝食が出る。三種類から選べ「シリアル」にした。

079


およそ11時間の飛行の後、21:40頃羽田空港に到着。

Sedona, New York、San Franciscoでお世話になったすべての皆さんに心から感謝です!

Thank you! ありがとう!

次は「旅のお土産」です。 to be continued........次はこちらです

ニューアークからサンフランシスコへ

Good morning!
外は雨だしね、寒いし・・・

ホテルのシンプルなコンチネンタルB/F。
中国人客が多くびっくり。

KIMG1272


部屋に戻ってTVを見ると、大物俳優・歌手陣が朝の生番組にguest出演している。すごいなぁ〜。

荷物をまとめながら溜まった旅blogをまとめる。

一旦12時前にcheck outして、ロビーのソファーでずっと旅のまとめ(blog)。もうNYではやり尽くした感じ。

--- ネタがないので中略 ---

夜便でサンフランシスコへ向かう。
いつも手荷物にしているが、今回は珍しく荷物を一つ預けた。

20:21 EWR発→ SFO行き (UA436)

24:10 SFO空港に到着。

荷物がなかなか出てこなくてちょっと待った。普通はこうなのかな?

空港からホテルの無料シャトルバスで深夜1時過ぎに到着。

Hilton San Francisco Airport Bayfront

ホテルのフロントに一人しかいなのでプチ行列。しかもずっと電話にも出てるしね。やっと自分の番になり、HiltonもGold会員なので部屋をUGしてくれた。寝るだけなのにありがとう!

069


気が付いたらもう深夜3時過ぎ。

to be continued................... 次はこちらへ

フェニックスからニューヨークへ

good morning!

早朝、深夜便でPhonexからNewark (NJ)に着きました。直行便で助かります。
天気は小雨。ArizonaとNewarkとの時差は2時間。

空港のT4から出ている無料のシャトルバスで宿にチェックイン。
マリオット系の宿に泊まります。ホテルのポイントはこのまま宿泊実績がないと1月3日でポイントが消滅することだし、泊まりました。ちなみにマリオットは長い間平会員、去年からUAの上級会員に与えられた「なんちゃってGold」。

安いのにスイートにUGされ申し訳ない思いです。

034


ありがとうございます!

035


ひと休みしたら、ホテルシャトルバスで空港に戻り、そこからNJ TransitでNewark Pen stationへ。一区間しか乗らないのにUSD 13もするし(乗るたび値上げする)。高けぇ〜っ!Pen st.からはWTC (World Trade Center)へはPATHで。こちらはUSD 2,75

WTCからは徒歩圏内のTribecaの「Whole Foods」へ。

Lunch。好きなものを好きなだけ詰めて計り売り。2Fでeat-inできるのがいい!
なんと、ビリヤニやサグパニール(ほうれん草とチーズのカレー)までありました。インド人もびっくり!

KIMG1266


お土産には「Whole Foodsのエコバッグ(中)」」と「のど飴」:。
このエコバックはいくつかの種類をお土産にしてますが、これは小ぶりで便利かも。USD 6,99。のど飴は8.99と少々お高め。きっと効果があるに違いない!

009


この後、「Century 21」で山用品(上下ウェア)と旅カバンを物色。

KIMG1268


山用品は最後まで迷ったのが、なにせサイズがデカすぎて断念

旅かばん(ガラガラ)をGet。
今までのガラガラは持ち手の付け根のところにひびが入り割れかかっていたが、その先がなかなか壊れなかった(>_<)。これで思いっきり粗大ごみで捨てらる。これだけ旅するとかばんは消耗品ですから・・・。

Samsoniteのカバン。とにかくポケットが多い。
持ち手部分にもポケットがあり収納できる。

007


裏地が赤というのがいいでしょ?USD 280 → USD 98でした
レジで、「もう一個買うと二個目が50% offだけどクーポンいる?」と聞かれた。

008


LCC基準の縦横奥行はオーバーしているかも。採寸してみますが・・・。

明日の分まであれこれ見て回って、宿に戻ったのは夜9時ごろでした。

「Whole Foods」のサラダ

036


夜はCBSの「KC Honors」:を生中継してしてました。後半から見たがもっと早く見ればよかった!この番組はグラミー賞以上かも知れない。オバマさん夫妻も出てい涙ぐむシーンがありました。すごい番組でした。これ、日本でも見たいなぁ〜?ともあれ、リアルタイムで見ることができて良かったです

to be continued.......... 次はこちらへ

セドナ 4日目 (ポイントンキャニオンへ)

Good morning!
セドナは小雨です。

昨日予約した9:00発のトローリーのBでポイントンキャニオンへ。ワクワク

宿をcheck outしようとしたら、受付の部屋が締まっていて、良く見ると「10;00からopen」と書いてある。マジか

どうしよう?

これじゃ〜荷物も預かってもらえないのでいったん自分の部屋に戻ろうとすると、部屋のカードキーがもう使えなくなっている!!これはマズイ!この荷物を持って山に行くわけにはいかないし・・・・。受付のドアの隙間にカードキーを無理矢理挟んで出て行った人の跡もあるじゃないか!(うんうん、わかるわかる。無人君だもんね)。とりあえず9時発で予約していたトローリーは諦め(まさかのドタキャン)、次の11時発(戻りはポイントンキャニオン登山口発15;30)に変えてもらった。トローリーの会社の人も、「11時のほうが暖かいよ。じゃ〜、戻りはポイントンキャニオン午後3;30発ね!」と。そして宿を締め出された私は、再び荷物を持ってアップタウンを2時間ほどうろついた。

結局、宿の受付に人が来たのは10時45分ぐらいだった。check outのカードキーを渡し、荷物を預け(荷物をpick upする時間も告げた)。←まさに、make sureだ。とりあえず気を取り直し再出発。

11:00発 トローリーB

021





022


11:20 ポイントンキャニオン・トレイルに到着。

ここからトレイル開始。キャサリンの話によると登って降りて軽く3時間ぐらいはかかるらしい(キャサリンは私が到着した日に登山済)。

024


まず、ビスタトレイルから。
歩いていると通りすがりのオジ様にハートの形の石をもらった。なんだろう!縁起が良いので頂いた。あれ?たしかキャサリンも・・・・。あぁ〜これかも、ハートおじさん♪ 

025


ビスタトレイルは15分ぐらいで辿り着く。だれか頂上に立ってますね。

026


体力に自信のない人や、時間がない人もここなら大丈夫です。

027


11:45 そのあと西のポイントンキャニオンへ。ただひたすら歩く。

028


日陰が多く、途中雪も残ってた。

029


行きは2時間ぐらいかかったかなぁ〜?

030


End of trai (ポイントキャニオンオンの頂上)

032


さらにちょっと上の場所でひと休み。持って来たシナモンロールがおいしかった〜!ここなら何を食べてもおいしいに違いない。

031


13:45 あとは下る、ただ、ひたすら。
15:05 早めに入口に到着。ここで15;30発で予約していたTrolleyを待つ。

来た時にトローリーを降りたのも20分ぐらいだったしね、すぐ来るかも。

15;30・・・、まだかな?寒いな〜。
15;40・・・、日も暮れてきたし、だんだんParkingから車が消えていく。
15:50・・・、変だなぁ〜。ちょっと不安になる。
16:00・・・、岩の前に置き去りか?もうトローリーは来ないかも(汗;)。

そこでまさかにヒッチハイク

シカゴから来たというご夫婦の車に乗せてもらった(ワンワン連れです)。「バスやトローリーなど全く見かけなかったね〜」と言われた

彼らは昨日夕方にシカゴからセドナに到着したばかりで、ベルロックから南のヒルトンリゾートに泊まっているとのこと。こちらのご夫婦はシカゴに住む前にNYにも住んでいたそうで、今夜のred-eyeでNYに行くと伝えたら、「今年のNYは暖冬だよ」と教えてくれた(キャサリンも同じことを言ってたな〜)。そうなんだぁ〜。車の中では私が伝えられる限り旅の情報を話しながら、「何かお礼できる物はないだろう?」と考えた。「そうだ!使ってないウェットティッシュがある!」、いや、こんな不要な物は迷惑だろう(便利なんだけどな〜)。結局、感謝の気持ちだけしか伝えられずにお別れしました。あ〜、それにしても危うく山に取り残されるところでした。

最初は「反対方向なので途中のウエストセドナあたりで降ろしていいかな?」と言われていたが、私の泊まっていた場所の近くのアップタウンまで(反対方向なのに)送っていただきました。ありがとうございました。天使のような人達でした。素敵な出会いに感謝です!

旅にトラブルは付きものだが、・・・・・にしても、今日は朝から

1.ホテルの受付closed (10:00まで人が来ない。しかも来たのは10:50)・・・・荷物も預けられず
2. カードキー無効 (締め出し)・・・・センサー反応せず、まさかの閉め出し!
3. 山に置き去り(Trolley来ない!)・・・・お仕置かも(← ん、なんの?)

でも、あれもこれも、宿の受付が閉まっていたことから始まってます。

旅のトラブルは「旅の洗礼」と思ってます。
こうしてSedona最終日が終わりました。

今後のためにも(同じことが起こらないように)、Trolleyの会社に出向き事実だけを伝えてきた。「渋滞でTrolleyが遅れたとの事。遅れたけど45分には到着していた」と言われた。「いやいや、その時間などまったく来てないし・・・」。何度も謝られて(アメリカ人も謝るんだ〜)、帰りの分をUSD 10(+ tax)を返金してくれた。いやいや返金が私の目的ではなく、私が「無事に自力で戻って来ている」ことと、「必ず時間に迎えに行ってね」と告げたかったんですよ。

Arizona Shuttleの時間まで近く(アップタウン)を散策。それにしても日が暮れると早めに閉まる店が多い。会社にお土産のセドナのパワー入りの(?)オーガニックのハーブティーやドリームキャッチャー(壁に飾ると運気上昇)などを買って時間を潰す。

またまたこのクーポン小冊子提示で10% offになりました!

037


そうだ!これをお礼にあげれば良かったんだ!

お土産、レンタカー、ツアー、レストランなどが割引になる小冊子。気付くのが遅すぎました。でも、今後の為にこんな時はしっかり覚えておこう!!

19:20 セドナ→ 22:20 フェニックス空港へ

ゲート近くで軽食。ツナサンドとジュースでUSD 10ちょっと。空港価格ですね。

KIMG1264


23:31 PHX → EWR行き (UA red-eye)

さようならセドナ! 
これからニューヨークへ向かいます。to be continued........... 次はこちらへ

セドナ 3日目 (チャペル・オブ・ザ・ホーリークロス)

Good morning!
セドナの朝です。

KIMG1260


朝のうちにウエストセドナから近いエアポートメサへ。

エアポートメサ: ボルテックスのエネルギーが流れ込む、最強のパワースポット。

002


麓の駐車場から10分ほど登れば360度見渡せるパノラマ。

003


疲れた時はここを訪れるヒーラーも多い。

004


昼にはレンタカーを返却するが、ガス欠なのでガソリンスタンドで補充。
通常レンタカーはたいてい満タン返しが常識だが、最初から1/4しか入ってなかった。

007


87の種類のガソリンを2ガロン補充しUSD 4。
ガロン?ガロンでどのぐらいだっけ??・・・・にしてもさすが「車の国アメリカ」。

008


この後、たまたま朝食の時に隣に座ったおじさんに教えてもらったお勧めの「チャペル・オブ・ザホーリークロスへ行くことに。場所は昨日行ったベルロックの近く。ここもまた駐車場が少なくParking渋滞。やむなくトイレの前に止めて、急いで登って降りてきた。

「チャペル・オブ・ザ・ホーリークロス: 絶景の山頂に立つモダンな教会

009


ここから昨日登った「カセドルロック」も良く見える。
「勝手に思い込みニコラス邸」も見える。

010


しかし・・・・、良くここの頂上まで登ったなぁ〜としみじみ。

012


004


明日から仕事の為、LAに帰る仮名C(キャサリン)とはこれでお別れです。
大変お世話になりました<(_ _)>

アップタウンのツーリストインフォメーションで情報収集。とても親切な対応。

015


そこから徒歩3分ほどにある、Sedona Trolleyのofficeへ。明日朝発のトローリーを予約。
トローリー(B)でポイントキャニオンに行くので予約。

016


トローリーは二種類ある。

トローリーA: アップタウン→ ベルロック方面に南下 → 戻り
トリーリーB: アップタウン→ ウェストセドナを経由し北のポイントンキャニオンへ→ 戻り

どちらも1時間ほどで周遊し、料金はUSD 15 + Tax。

途中下車し山歩きする場合は、さらに追加料金がUSD 10 + Tax。

私は途中下車して山歩きするので「追加あり」の方で予約。

017


これで明日の予定も決まりひと安心。

今夜の宿、Saad Suites。Booking comで予約、check in。
今朝までいた「Super 8」はfull bookingで今夜は泊まれません。

013


Free Wifi、朝食なし、バスタブあり。

018


食料、ビール、水をたくさんもらったのでこれで食うに困らない。
ビールを飲んで軽く昼寝をした。

019


宿がアップタウンにあるので、昨日のハンバーガー屋さんまで徒歩3分。
お土産などの買い物処も困らなくて便利。

ああ”〜、サングラスが壊れた!えええ?壊れる要素などなかったのに。これもボルテックスパワーなのか!明日が最後の山歩きなのに残念!

020


しかしこのサングラスが何かの前兆とはこの時には気付くはずもなかった(←サスペンス風)

to be continued............. 次はこちらへ

セドナ 2日目 (ベルロック、カセドラルロックへ)

Good morning!
06:30起床。冬のセドナは日の出が遅いのでもちろんまだ真っ暗。

ホテルの朝食はコンチネンタルB/Fが付く。有難い。

KIMG1258


朝のうちにベルロックへ。フェニックスから車でセドナに向かうと最初に左手に見えてくる大きな山、というか岩。この日は予想以上に風が強くて寒かった。

「Super 8」から徒歩圏内のレンタカー屋さん「Enterprise」で借りた車。
四大ボルテックスと呼ばれる場所はそれぞれ離れて点在しているので、レンタカーがあるととても便利

028


トイレは駐車場に一か所あり(ボットン式)。

029


ここから10〜15分ほど歩いた裏側から登り始める。頂上付近はかなり急斜面で足をかけるところがなく危ない。後でわかったのだが、資料によると「登ったものの、降りられなくなって救助されるツーリストが最も多い山」とあった。えええ!やっぱり!

030


031


035


仮名Cさん(キャサリン)ということで・・・。ウェアもばっちり決まってます!

034


私は出発当日Tax TeamのMさん(仮名Michelle)から借りたダウンを重ね着き。セドナのボルテックスパワーと汗を吸収してお返しますとも。Thanks! そして山からボルテックスパワーをチャージ中。

004


ベルロックを充分堪能したところで、次はカセドラルロックへ向かいます。

方角は先ほど登ったベルロックの西側に位置し、車で5分ほどの場所。ただし、ここ、駐車場が激混みでした!出る車を待つしかない(max15台ぐらいしか入れない)。オンシーズンはどうしてるんでしょうね〜。セドナにニコラスケイジの別荘があるとのこと(キャサリン情報)。それらしき立派な建物を私達は勝手にニコラス邸としました。

カセドラルロック: 大地の迫力に圧倒される神秘の山。

女性的なエネルギーを高めるといわれる山。そのパワーは上へ行くほど強いとされる。

014


途中、ぐるぐると渦巻き状に捻じれた木をたくさん見かけた。これらは時計回りにねじれると言われている。

009


頂上まで登った。すごい強風。すごい強運?
それもそのはず!、後でわかったのだが、この時トルネードが来ていたらしい。

013


ヅラの人注意です!とにかく風が強くて寒かった。

008


今日は二つの山を登ったのでハングリー状態。下山し、アップタウンに向かい遅いランチ。

Outlaw Grill

016


ハンバーガーの「Classic」にしてペッパーチーズにした。分厚いパテがほど良く焼けていてめちゃめちゃおいし〜。ポテトもカリカリ〜。ドリンクはペプシ。ガツガツ食べたので蟹を食べている時のように無口になった。

015


ウェストセドナのお土産屋さんを物色。もう夕暮れ。

017


旅の記念にここで素敵なアクセサリーを買った。ちょっと高かったが、せっかくだし奮発。

023


Visitors Infomationで貰った「2015 Superpass」という小冊子提示で20%offの割引になった。この割引はでかい!定価USD 49がUSD41ぐらいになったが、GST(Tax)が付くのでお得だっかわかりづらい。

037


いったん宿に戻り休憩。
夜は宿から徒歩圏内の「Baking Frog Grill」のメキシカンで最後の晩餐。
キャサリンはもう明日昼にセドナを出てLAに戻りまた仕事です。

タコス

019


ワカモレ

018


またもや、「2015 Superpass」の小冊子提示で10% off。

037


ActiveでHealthyな一日が終わりました。to be continued..... 次はこちらへ

サンフランシスコからセドナへ

午前10:40、サンフランシスに到着。
天候は晴れ、気温は摂氏11度。

アメリカ線なので機内食は相変わらずだが、それでも前より良くなった気がする。

入国審査の後、セキュリティーチェックが長蛇の列。ここでも優先レーンが使えた(有り難い!)。

UAのラウンジ「United Club」で一休み。ひたすらPCと携帯の充電タイム。
久しぶりに来たけど綺麗になっている。電話をしようかと思ったら撤去されていてガッカリ。時代はmobileだもんね。

国内線の乗り継ぎにある「Sankaku」で「カリフォルニアロール」と「サーモンロール」を買う。Sedonaに着いたらこれで乾杯です。

SFO発→ PHX (UA1746) FirstにUG

US国内線のFirst にUGといっても、エコノミーに毛が生えたようなもの。ホント雑なサービス。SFO から二時間程度でPhonex に到着。

カリフォルニアとアリゾナの時差は1時間。

ここからSedona までArizona Shuttle の18:15発の予約していたが、ギリギリで16:45発のvanに間に合いそう。交渉の末、変更OK。Lucky!

KIMG1254


16:45 Phonex → 19:30 Sedona 所要2時間半。料金はUSD 49

水ももらえサービス満点!

KIMG1255


今夜の宿は「Super 8」
LA在住のCさんは前日から到着し、私が合流!

079


サンフランシスコで買ってきたカリフォルニアロールでcheers!

080


でかいTV

081


to be continued..........次はこちらへ

成田からサンフランシスコへ

バタバタ仕事の引き継ぎをして出発。

東京駅からの東京シャトルバスは補助席まで満席で出発。成田空港まで800円(事前予約)。大変な混雑で少々遅れて成田に到着。

成田空港内のJCBで、NYとサンフランシスコの「JCBパスポート」をもらう。地図があるのでこれさえあればガイドブック不要。

KIMG1275


e-check in済みなのでラクラク、しかもセキュリティはミリオンマイラーなのでFast Laneを使えた。

ラウンジは久々のUnited Club、ボーディングまであと15分、急げぇ〜!

シャワールーム

KIMG1248


風呂上がりのプレモルでhappy 泡〜。

KIMG1249


Merry Christmas!

18;20 成田発 ー サンフランシスコ行き (UA838)

ビール(ハイネケン)。

KIMG1250


機内食はチキンかパスタ。パスタにした。
ミックスベジタブルがついていた。サラダと称する葉っぱならこれでいい!

KIMG1251


後からアイスのサービス。グリコだった。溶け具合が絶妙。

KIMG1252


to be contined.... 次はこちらへ

国際運転免許証の申請

久しぶりに鮫洲に国際運転免許証の申請に行きました。
休日でも日曜だけはやっています(昼休みは除く)。これは助かりますね。
(いつもは世田谷警察書で手続きしているので、平日のみ)

大井町駅から歩きました。鮫洲運転免許試験場まで徒歩で15〜20分ほどでしょうか?警察の行くのは成田国際空港警察以来です。
鮫洲はかなり久しぶりですが(免許取得以来か?)、とても綺麗になってました。

事前に準備するものは、

・ 運転免許証
・ パスポート
・ 写真1枚(5 x 4.5)
・ 料金 2.400円
・ 期限切れの国際運転免許証
(持っている人は)

1. 国際免許証の申請は3Fです。
2. 3Fのエレベーター降りて、正面右側が国際免許証の申請です。
3.運転免許証、パスポート、写真1枚(5 x 4.5)、期限切れの「国際運転免許証」を窓口で提出。
4.「申請書」を受け取り、必要事項を記入し、再度同じ窓口で提出。

KIMG1250


5.窓口で確認してもらいOKになったら1Fに行き、書類を見せ手数料を2400円を支払う。
6. 書類と領収証を持って再度3F窓口に提出。
7.名前を呼ばれるまで席で待つ。
8.「国際運転免許証」を受領!

「国際運転免許証」は発行日から1年間有効です。

KIMG1253


窓口も空いていてし、手続きにかかった時間は10〜15分程度でした。
考えてみたら来年免許更新(国内)なんだなぁ〜。

この後、来署記念に2Fの食堂に寄って帰りました。
Archives
Categories
記事検索
Twitter プロフィール
Traveler in a foreign land. UA Million mile flyer.
楽天市場
QRコード
QRコード
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ