Buon Viaggio

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイルフライヤー。リーマンパッカー!

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイラー。
(写真: ノルウェイのブリッゲン - 世界文化遺産)

← グルメ記事はこちらのblog(美味探訪)に移しました。 → →

エクアドル

エクアドル・NYの旅 Index (4/27/2012〜)

◆   エクアドル・NYの旅 Index (4/27/2012〜 5/07/2012)   ◆ 

エクアドル 旅の費用(Actual)

さよなら、NY & エクアドル
NYC
エクアドルからニューアークへ
エクアドルのお土産
Adios ガラパゴス
ガラパゴス 最後の晩餐
ガラパゴス − サンタクルズ島へ
ガラパゴス − サンチアゴ島
ガラパゴス − バルトロメ島
Turtuga Bay
サンタクスル島
キトからガラパゴスへ
キトの旧市街から空港へ
キトの旧市街
どこなのコム
成田からエクアドルへ (1日目)

旅準備編 6 - 食糧調達
旅準備編 5 - 宿予約
旅準備編 4 - GPS行き予約・発券
旅準備編 3 - 旅の指差し会話帳 スペイン語
「ガラパゴス紀行」 by 松井今朝子
旅準備編 2 - southbound 発券
旅準備編 1 - eastbound 発券

エクアドル 旅の費用(Actual)

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。 Here you go!

エクアドルの旅にかかった費用を計算してみた。
(excl. tip & お土産:  tipやお土産代は含まず)


1. Air fare(航空券)

NRT - IAH, EWR - LAX - NRT (太平洋線はマイルで発券)  65,000 マイル
IAH - UIO - IAH - EWR (北米←→キト) JPY 82,420
UIO - GPS -UIO by LAN ・・・・・ USD 431.30(equivalent to JPY 35,681)  

2. Transportation (移動交通費)

大陸内  USD 11.85
ガラパゴス内 USD 6.20

3. Entry fee(入島料)

ガラパゴス内  USD 110

4. optional tour

ガラパゴス内  USD 130

5. Acommodation (宿泊費)

大陸内  USD 50
ガラパゴス内 USD 60

6. Meals (飲食費、ビール含む)

大陸内  USD 3.10
ガラパゴス内  USD 42.60 ..... ビールをやめれば安く上がると思うけど?無理。

7. Misc. (雑費)

大陸内(luggage dep) USD 4.0
ガラパゴス内(I'net) USD 8.0


円グラフにすると、こうなる。



Conclusion: ガラパゴスはツアーじゃなくても行ける!旅を楽しめ!


「ガラパゴス化」と言う言葉を耳にすることがあるが、Wikipediaでこの意味を調べると、

*************************************************************
ガラパゴス化(ガラパゴスか、Galapagos Syndrome)とは日本で生まれたビジネス用語のひとつで、孤立した環境(日本市場)で「最適化」が著しく進行すると、エリア外との互換性を失い孤立して取り残されるだけでなく、外部(外国)から適応性(汎用性)と生存能力(低価格)が高い外来種が導入されると最終的に淘汰される危険がある、進化論におけるガラパゴス諸島の生態系になぞらえた警句である
*************************************************************

とあり。例として、日本の携帯電話が取り上げられている。海外市場では売れない。


ん・・・・、これは、

携帯電話やPCに依存している日本は、海外から見た「内向きのガラパゴス化」と言えるかもしれない。

こちらがエクアドルの旅のINDEXです。

Updated visited countries. (今までの訪問国)



create your own visited country map
or write about it on the open travel guide


こちらがエクアドルの旅の目次です。

さよなら、NY & エクアドル

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。Here you go!


早朝5:00過ぎ、check out。朝早いと必ず乗り遅れる夢を見ます
ロス乗り継ぎの成田行き。

EWR - LAX

US国内線は機内食が有料。
パーソナルビデオはDirecTVで有料(2時間未満はUSD 5.99。2時間以上はUSD 7.99)

離陸後の飛行時間は6時間半ぐらい。
ここでは、伊集院静の「族・大人の流儀」を熟読。前編は行きで読んでます。
(この本については後日書きます)。

続・大人の流儀
続・大人の流儀



ロス乗り継ぎ約3時間。United Clubのラウンジ。
ファースト、ビジネス、スターアライアンスゴールド人はラウンジが利用できます。

受付でWiFiのカード(1 day pass)が無料でもらえます。
カードの裏をカリカリするとパスワードが出てきます。

001


もっとおいしいのないのかな〜?

111



LAX - NRT

成田行き満席。

行きの旧コンチネンタルのヒューストン便はアルコールが有料でUSD 7だったのに、帰りのUA便はアルコールが無料。経営統合してもこの辺りは別々みたいですね〜。だったら旧コンチネンタル便は乗らないよって?(^^)

ハイネケン。

112


機内食。「Beef Sukiyaki」だって。
胡麻がいっぱい振ってあるからプルコギが近いかも。

113


隣の席の国籍不明の人がずっと寝たきりです。いくらなんでも6時間以上も寝たきりはないだろう。もしや・・・・、運び屋?妄想が勝手に膨らみます。そういう私の方が怪しい。


途中、フライトの半ばでスナック菓子とチョコが出ました。アメリカですね〜。
個人的には「きつねらあーめん」が良かったのに・・・。

あっ、隣の人がやっとお目覚めです。謎です。


成田到着1時間前。
ベジタブル焼きうどん。それと餃子も。どこか見知らぬ国で食べる日本食みたいな・・・・(^ ^)。んで、ポテチもか?

114


やっと帰国しました。帰りはかなり長かった。


物が溢れる日本に居ると気が付かない事がたくさんあります。
ガラパゴスなどの離島には物がないので、食料品ならパンなどを持っていくと喜ばれることが分かりました。
次回は離島へ行く時は、パン、日持ちする野菜、缶詰を持って行こうと思いました。
飴やチョコレートを持っていくのはNG。歯医者がないからです。


この旅でお世話になったすべての皆さんに心から感謝です。

Gracias!  Thank you!  ありがとう!

次は、旅の費用(Actual report)で す。Here we go!

エクアドルからニューアークへ

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。Here you go!


翌未明03:30、搭乗手続き。
搭乗券に「SSSS」が印刷されてました。別室行き
良く当たる宝くじのような物です。

出国審査後、ラウンジへ。VIPラウンジ
航空会社の上級会員なら利用できます(私はスターアライアンスゴールド)。

018


受付で、無線LANのパスワードが書かれた紙がもらえます。
SSIDは、MOVISTAR_VIP

SSID: MOVISTAR_VIP
User ID: VIP
pw: sala2012vip


ミニチュアみたいな一口サンド、ラス2でした。小せぇ〜っ

017


キト → ヒューストン(UA)

US便もビジネスにアップグレードしてもらえた。Lucky!

019


機内のon demandで見た映画は、「Joyful Noise
軽くみられるゴスペルの映画。cheerful !

Joyful Noise
Joyful Noise




米国入国審査後、Air Trainでターミナルを移動。

020



ヒューストン → ニューアーク(UA)

夜8:15頃、Newark, NJ、ターミナルCに到着。旧コンチネンタルのターミナル。

ニューヨークと日本の時差は13時間(サマータイム)。夜8時過ぎでもまだ明るい。

今日と明日は、Newark Airpot Hilton 泊。今日も未明から長い一日でした。

021


1年半ぶりのNY。 to be continued...... 次はこちらへ。

エクアドルのお土産

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。Here you go!


キトの空港に再び到着。
空港に荷物を預けるところがあり。料金はUSD 4。ちょっと高めだが、重い荷物を持ち歩くのは嫌なので仕方ない。しかも、夜9時で閉まるとの事。いいビジネスですね。

身軽になって新市街に出かけてみた。バスが仕事帰りのラッシュアワーで大変なことに。途中で引き返す(←これは早い決断)。空港の外を出た大通りに、大型スーパーがあり。これは便利。お土産を調達。

SUPER MAXI

015



キトで買ったお土産

バナナチップスを山ほど。大人買いです(3ダース)。
割れてはNGなので、最後まで機内手荷物でした

115


LAN航空の機内でも出た、チョコレートのキャラメル。959gも入ってるよ!

116


アップルシナモンティー
別シリーズのカメの携帯ストラップ(ガラパゴスの空港外でget)。

117



ガラパゴスで買ったお土産

T−シャツ、ショッピングバッグ

023



帽子。これリバーシブルになっている。

008


ひっくり返すと、この色

009



カメの携帯ストラップ (ガラパゴスから連れてきました)

010




明日は早朝便なのでこのまま空港泊。ここにも良く寝ている人がいた。

016


to be continued......  次はこちらへ。

Adios ガラパゴス

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。 Here you go!


私のフライトは昼の12:35なんですが、船着き場まで行くバスの最終が朝8:30だって。早っ!

ということで、check outです。宿のオーナーのフェリーぺともお別れ。バスターミナルへ行くためのタクシーを止めてくれました。プエルトアヨラからバスターミナルまでタクシーでUSD 1。

このタクシードライバー、この場に及んで、「もうバスないよ。フライトは何時?」と聞いてきた。「このまま船着き場までタクシーで行けば USD15で行くけど?」と吹っかけてきた。おじさんも一生懸命なんだろうけど、そういう嘘はやめようね

バスターミナルのチケット売り場。
右下にの紙に出発の時間が書いてある。一日に三本だけ。やっぱり朝8:30が最終。

011


バスターミナルから船着き場まで、USD 1.80、所要40分ぐらい
船着き場から対岸のバルトラ島へ。USD 0.80
バルトラ島から空港まで、航空会社のバス、無料


バルトラ島の空港は、サムイ島の空港に似ています。
空港を出たところにはお土産屋さんもありましたよ。こっちの方が安いし・・・。

LAN航空でcheck in.

空港内では野良電波の無線LANも使えました。
SSIDは、Free Internet1と 2。パスワードなし。

ボーディングエリアのカフェで、サンドウィッチとダイエットコーラ(USD 4.5 + USD 2.5)。
普通がおいしい。しあわせ♪

012


ガラパゴス→グアヤギル

013


グアヤギル→キト 飴ちゃん一個だけ(行きと同じですね)。

014


夕方、6時ごろ、再びキトに到着しました。次はこちらへ。





ガラパゴス 最後の晩餐

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。Here you go!


夕方6:00前に宿へ戻ると、他の旅人達も日焼けしてクルーズから戻ってきました(どこにも行かず、お昼寝チームもいます)。それぞれ行き先は違うけど、旅の情報共有ができるのは、こういう宿に限ります。人によっては、クルーズの船酔いがひどくて楽しめない人達もいるようです。

夜8:00過ぎに、ガラパゴス最後の晩餐。
今夜は「セビッチェ」を注文してみます。ボリビアの国境近くでも食べたな〜。
魚、紫玉ねぎが入っていてライムをたっぷり絞って食べるサラダ。

006


ビールのつまみに最高!タイ料理のヤムウンセンみたいな感じです。
後からバナナのから揚げも付いてきました。ポテト感覚。ビールも付けてUSD 10。

007


長い一日でした。ここでは時間がゆっくり過ぎます。次はこちらへ。


ガラパゴス − サンタクルズ島へ

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。Here you go!


13:30 船に戻るとランチが。ちゃんしたお皿で出ます。
狭いクルーズ船で良く準備していると思います。

メインは魚。野菜とブラウンライスが添えある。ソースも丁寧に温めてある(ケッパー入り)。ガラパゴスで一番のご馳走でした。

081


続いてデザート。

002


ガラパゴスウォーター。デザインもcute.

001


帰りの船は結構揺れました。
さらに船で2時間半走り、16:30 サンタクルーズ島へ戻ってきました。

004


さらに、バスで1時間弱走り、17:30 プエルトアヨラに到着。

003


長い一日でしたが、とても贅沢なクルーズでした。
このツアーはUSD 130。ツアーの内容によって値段は違ってきます。

次はこちらへ。





ガラパゴス − サンチアゴ島

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。Here you go!


ゴムボートで船に戻ると、飴ちゃんが用意されていました。

017


バルトロメ島からさらに30分ほど船で進んだところのサンチアゴ島へ。

018


みんな潜ったり、泳いだり。私一人、日焼けがひどいので見学です。


蟹さんです。マイペースです。

019


波打ち際にはたくさんの蟹さんがいます。

020


イグアナ。まだ若くてスリム。

021


ペンギンも一瞬ですが見えました。ここも無人島です。

島のルール: 石などを勝手に動かしてはいけません!


暑いので写真があまりありません。次はこちらへ。






ガラパゴス − バルトロメ島

まだご覧になっていない方は、是非一日目からどうぞ。Here you go!


翌早朝6:00 pick up。バルトロメ島へクルーズ。

空港の方から船に乗るので、そこまで1時間弱。そしてさらに船で片道2時間半。結構遠い。私達のクルーズは15名(オランダ、スペイン、ロシア、日本人) + 船長、料理人、ガイド

005


運転席は2F席。

003


その隣の良い席を陣取ってるロシア人のおじさん。ハラショー!

004


船に乗るとすぐ朝食。ちゃんとお皿にナイフとフォークで出てきますよ。
画像が赤みかかってるんですが、これはスクランブルとハムです。

062


10:30, ゴムボートに乗り換えバルトロメ島に上陸。

008


ここの頂上を登ります。海から離れると風がなくなりとにかく暑い。
炎天下の中、無理やり登らされます。年配者には参加できないツアーでしょ、これ。

007


ガラパゴス島のルールは、植物や動物に手を触れてはいけません。
人間の手にどんなバイ菌がついているかわからないので。

011


もちろん、どの島も禁煙です。

010


鳥たちも近寄ってきて歓迎ムード

015



016


雲ひとつない澄んだ美しい空と野鳥のコントラスト。頂上付近で撮影。

013


でも・・・・・、暑くていられません。
最初にロシア人ファミリーが下山。ガイドの説明も聞かないし(言葉がわからないんでしょうね)、協調性がないな〜と思ったが、私も続いて下山。暑さには勝てません。ハラショー!

次はこちらへ。
美味探訪
Archives
Categories
記事検索
Traveler in a foreign land. UA Million mile flyer.
楽天市場
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

あにー

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ