Buon Viaggio

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイルフライヤー。リーマンパッカー!

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイラー。
(写真: ノルウェイのブリッゲン - 世界文化遺産)

← グルメ記事はこちらのblog(美味探訪)に移しました。 → →

ウクライナ

さようならキエフ、再びロシアへ

ドーヴラェ ウートラ!

(旅の初めからご覧になってない方は、是非初日からどうぞ。こちらです)

早く寝るつもりが、ついつい・・・。
早朝05:30にホテルをcheck out。ホテルのあの豪華朝食が食べられなかったのが残念。
運転手さんは若いお兄さんでした。「お兄さん、学生?」と聞いてみましたが、「No」との答え。これ以上会話は続きませんでした(笑)。ロシア語圏内の皆さんは英語が話せません。レベルは世界平均以下です(日本人と同じ)。空港までは車で30分ほどで到着。料金は260グリヴナ。早朝だったのでプラスtipを20グリヴナ。

ウクライナは良かったな〜。次回ウクライナに来たら是非オデッサに行って、そこからコーカサスの国々もいいなぁ〜と、妄想。キエフに来たらまたKHRESCHATYK Hotel(フレシチャーチク ホテル)に泊まりたい!.......そう思いました。

キエフ ボリスピール空港到着。乗り継ぎのリスクを考えてぎりぎりの接続は避け、朝の飛行機ににしました。

荷物をぐるぐる巻きにするラッピングサービスがありました。30グリヴナでした。ロシア近郊では盗まれるのがあたり前みたいな・・・、しかも空港関係者ですよ。それを見て、「どうしようかな?」と一瞬迷いましたが、私のbackpackに金めの物はないのでやめました(笑)。大事な物はお土産ぐらいね。

出発ゲートになぜか雀が・・・・。どこから入ってきたんだろう?お別れの挨拶に来てくれたのかな?スパシーバ!ゲートではFree WiFiが使えます。SSIDは「SIA Boryspil WiFi」。

08:20 KBP - 10:50 SVO (SU186) 、シェレメチェボ空港行き

アエロフロートの質素な機内食。

019


1時間半ぐらいのフライトの後、ロシア、モスクワのシェレメチェボ空港に到着。Fターミナル。
飛行機だと距離をまったく感じない(点だね)。近いね〜。陸路で何日もかけて旅しているのに(線だね)、あっという間に着いてしまう。点と線。

ウクライナとロシアの時差は1時間でしたね。日本との時差はサマータイムで5時間。天候は晴れ。

FターミナルからDターミナルへ移動。かなり距離ありますよ。接続がギリギリだと厳しいかも。Dターミナルは新しい綺麗なターミナル。ここがロシアだと言うことを忘れてしまいそう。しかも英語も通じる♪ 

乗り継ぎまで約9時間もある。どうする?
Dターミナルには、Free WiFiがあります。SSIDは、「Terminal-D WiFi-Free」。本当に便利。写真をzoomするとわかりますがWiFiの赤いバルーンがあります。pcを接続して写真の取り込み作業でも・・・・。

079


空港内にジムでもあればいいんだけどね。マッサージとかアカスリとかね。すっかり暇を持て余してしまいました。


19:30 SVO - 08:45 ICN (KE924)

機内食は、これ。KEだからご飯ものが付くんです。飽きるね〜。

080


パーソナルビデオのモニターもでかっ!SQのミラノ線見たいな感じ。KEの場合、同じロシアならばサンクトペテルブルグより、モスクワ線の方が断然いい!

083


モスクワからなら7時間ぐらいで着いてしまう。近いね〜。日本からシンガポールぐらい。
また機内食!到着間際。「おかゆ」にしました。レンジでチンみたいな・・・。

081


蓋を開けて、海苔ふりかけのようなものを乗せます。シンプルだがこれでいいよ、機内食は!

082


8:45 ICN 到着!

さぁ〜、次は?このままで終わらない。to be continued.......... 次はこちらへ。

キエフ散策、ウクライナのお土産

ドーヴラェ ウートラ!

(旅の初めからご覧になってない方は、是非初日からどうぞ。こちらです)

再びウクライナの朝がやって来ました。今日の天気は曇り。

ウクライナあたりではかなり有名な日本食料理チェーン店、「村神」。ロシア語で書くと「MUPAKAMI」。キリル語でP=R。これがホテルの地下に入ってます。

075


で?朝食はここだそうです!ま、マジですか?地下に降ります。

019


とっても落ち着いた雰囲気で、朝なのに夜です(笑)。
朝食は洋食Buffetでとてもゴージャス。そうだよね〜、和食のわけないよね〜。
紅茶は?・・・・、緑茶でした。ウクライナでも飲むんですね!

018



ウラジーミル聖公園

縦長の広い公園でホテルから歩いて行けます。

063


こんな変わった建物も。

062


気が付いたら反対方向に歩いていました。ポシトヴァプローシアに向かってるつもりが、アルセナリヤ駅まで来ちゃった。なんか見たことある景色だと思ったら(ここは昨日来たよ)。気を取り直して地下鉄で移動。

ポシトヴァプローシア駅前にはマックがありました。
ここからケーブルカーで急な坂を乗ります。料金は1.5グリヴナ。安うっ!

074



ウラジーミルの丘

064


聖ミハイル黄金ドーム修道院

072


ソフィア大聖堂  世界遺産

1037年に建てられ現存するキエフ最古の教会。
入場料は、全部見ると60グリヴナ(でも見られないところもあるんだよ)。高っ!といっても650円ぐらいだけどね。物価が安いウクライナではお高めです。私は見るところをセレクトして43グリヴナに。cool!

065


鐘楼

071


ズームするとこんな感じ。凄い!

070


ソフィア大聖堂の中も見学できます。ここは必見。

069


中は厳しく管理されていて撮影禁止!隠し撮りなので、ぶれぶれです。
美しい壁画。素晴らしい。

068



ここから、緩やかな坂を下りると、アンドレイ坂があります。この辺りにはお土産屋さんがたくさん並んでいます。その途中に、

アンドレイ教会

073



今日も良く歩いた〜。そろそろウクライナでのお土産も物色。

Roshenはウクライナでも有名なチョコレート屋さん。チョコレートはここので集め大人買いです。あとは、ボルシュ(ボルシチ)、ビールは500mlをまとめ買い。みんな食べ物ばかり(笑)。ほとんど会社ですから。

091


もう夜6時半。明るい。サンクトペテルブルグ程じゃないけど・・・。

今日もホテルの向かいの同じ店に。結構気に入った。今夜は、サラダ、白身魚の唐揚げ(ニシンかも)、マッシュルームのソテー。「飲みまぁ〜す!」って感じのつまみ(笑)。そしてビール。これで60グリヴナぐらい。

076


ここで第四の関門(もう最後ですね)。明朝の飛行機に乗れるか??アエロフロートだからね。ホテルの人に事前にタクシーをお願しました。なにせ空港に早朝6時過ぎ着なので。モーニングコールを5時で。
タクシー代をユーロで払うと言ったら割高な事に気が付き、現地通貨(グリヴナ)に両替してきました。USDの方が一般的なようです。そう言えばウクライナの両替所はオープンですが、ロシア、ベラルーシは相手の顔が見えないパチンコ屋の景品交換所のような感じでした。

サンクトペテルブルグに行ったのが随分前のように思えてきました。

寝過ごさないためには、つまり、寝なきゃいいだけ。to be continued..... 次はこちらへ。

ウクライナ入国、キエフへ

ドーヴラェ ウートラ!

(旅の初めからご覧になってない方は、是非初日からどうぞ。こちらです)


結局、未明の列車の中では、.戰薀襦璽圭亶饋該此↓▲戰薀襦璽契粘悄↓ウクライナ入国審査、ぅΕライナ税関、四か所で止まりチェックあり(寝る暇ないよ〜!)。朝、ようやくウクライナに到着しました。ロシア、ベラルーシとウクライナとの時差は1時間(さらに進みます)。日本とウクライナとの時差はサマータイムで6時間。

コンパートメントで同室のEvgery氏の話によると、ベラルーシは第二次世界大戦で何もかも破壊されたそうです。確かに建物は新しくて綺麗だし、そうだったのか・・・。なんかいろいろ話しました。忍者の話もしたので、紙を折って手裏剣を作ってプレゼントしました。ニコニコ笑って持って帰りました。このあとオデッサまでバスで行くそうです。長旅ですね。キエフの駅に着き、握手をして別れました。日本に来たら連絡してくれるとの事。再会を約束しました。

047


さー、まず両替。普通にヨーロッパのように両替所があります。しかもfix rate。表示された金額通りです。これはわかりやすい。

045


まだ余ってるロシアのルーブルをウクライナの通貨(グリヴナ)に変えました。RUB 960 = UAH 271.68

017


さ〜、まず駅前で朝食です。駅の正面を出て道を渡ったところすぐ右前方にあるお店、「APOBA」、ドラヴァーと読みます。

048


適当に注文したのですが、良く焼けたベイクドポテトの中にサラダが二種類乗って出てきました。これとコーヒーで、32,05 グリヴナ。うまかった!

046


しかし、隣のご婦人達はビール。すごい、この国は朝から飲むんだ。

さてと、ヴァグザリーナからフレシャーチクまで地下鉄。料金は2.0グリヴナ(23円ぐらい?)。安いね〜。トークンのような物を改札に入れて入場。さらにぐっと安くなってきた。ロシアのなん分の一よ、これ。

ホテルはフレシチャーチクにあり、独立広場の前と言う好立地条件。我ながらgood choice!

独立広場

015



まだ朝ですがホテルにcheck in。出発直前にbooking comで予約しました。
ウクライナは物価が安いのに、ホテルが高いのが難点だが。
KHRESCHATYK Hotel(フレシチャーチク ホテル)、カジノも入ってます。とっても日当たりがいい部屋〜。しかもバスタブ付き。部屋でWiFiも使えます。ここは便利なロケーションで朝食付きで、かつお手頃でした。Early check inでしたが、ハラショー。


013



さてさてちょっと休んだらすぐ出かけます。んん・・・・、地下はキリル文字でどっちに進むのかわからない。気が付いたら反対方向に来てしまった。予定を変更して、チェルノブイリ博物館から。コントラクトヴァプローシチャ駅から徒歩。場所がまったくわからないけど、近くの信号にキリル文字で書いてあるではないか。目立たない場所にありました。


チェルノブイリ博物館  入場料 10グリヴナ、写真撮影 20グリヴナ。

チェルノブイリ原発事故の悲劇を伝える博物館。事故処理に使われた防備服も展示されている。被ばくした子供達が持ち寄ったと言うたくさんのおもちゃもある。

005


入口のモニターに、もう3月の東北関東大震災の映像(福島原発含む)が流れていた。ちょっと驚いた。

003


写真もたくさんあったが、でも、シャッターは押せない。

004


チェルノブイリの放射能は、風に乗っていろんな地域に被害が及んだようです。特にベラルーシ。
途中立ちすくんだりして、原発現在進行形の日本人の私には辛い映像ばかりでした。


ここから、ベーチェルスカ大修道院に向かいます。

地図で見るとドニープロ駅が近いんだよね。ドニープロまで行くか!・・・・・って思ったのが間違い。
ドニープロからだととんでもない登り坂でした(^^; ♪たらり〜)。

ベーチェルスカ大修道院  世界遺産

修道院の歴史は1051年、ギリシャの憎アントニオスとフェオドスィが河岸の洞窟で修道院生活を営んだ事に始まる。ソ連時代は「歴史記念碑的建築群」として博物館となっているが、1988年から正式に再開し、現在、ロシア正教ウクライナ支部の総本山になっている。

006


007


地下墓地

009


階段を下りると〜?

010


とにかくやたら広かったですぅ〜。

011



疲れたのでフレーシャーチクに戻ります。ふぅ〜っ。今日もたくさん歩きました・・・・。
もう5時過ぎ。昼食兼夕食。

独立広場の近くにある「ドゥヴァ・グーシャ」へ。実は私の泊まってるホテルの道路挟んで真向かいです。

018


明るく広い店内。好きな料理を指差して選べます。
左から、ボルシュ、クレープ生地の中にカッテージチーズ、サラダ、ビール。これで48グリヴナ。
実はボルシュ(日本語でボルシチ)ってウクライナで生まれたものなのです。

014



二連続車中泊だったので今日は早めに宿に戻ります。明日に備えて、写真の取り込みなどなど・・・・。
to be continued...........  次はこちらへ。

016



美味探訪
Archives
Categories
記事検索
Traveler in a foreign land. UA Million mile flyer.
楽天市場
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

あにー

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ