Buon Viaggio

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイルフライヤー。リーマンパッカー!

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイラー。
(写真: ノルウェイのブリッゲン - 世界文化遺産)

← グルメ記事はこちらのblog(美味探訪)に移しました。 → →

フランス

パリ・ルクセンブルグの旅 Index (1/10/2013〜 )

◆   パリ・ルクセンブルグの旅 Index (1/10/2013〜 1/13/2013 + 1)   ◆ 

ルクセンブルグ旅の費用(実績)と反省
ドーハーのお土産
パリのお土産
ルクセンブルグのお土産
関空(KIX)ダイバート
ドーハ―から成田・・・・なのだが
Nationからシャルルドゴール空港へ
パリ バスティーユのマルシェ
ルクセンブルグからパリへ
BUFFERDING (ルクセンブルグのビール)
ルクセンブルグ旧市街散策
パリからルクセンブルグへ
シャルルドゴール空港からパリ東駅へ
ドーハーからパリへ
カタール航空 機内
成田空港から中東へ出発 

旅準備編 4− 最終チェック On line check in, 成田行き 東京シャトルバス予約
旅準備編 3 − パリの宿 予約
旅準備編 1 − ガイドブック「歩くパリ」旅準備編 成田−ドーハ線 ノンストップ便就航記念 特別運賃

パリの旅の費用(実績)と反省

パリの旅の費用をまとめてみた。
(excl. tip & お土産:  tipやお土産代は含まず)

1. Airfare (航空券代)

NRT - DOH - CDG - DOH - NRT (JPY 68,720)

2. Transportation (交通費)

交通費  EUR 17.89(= JPY2,093)

3. Entry fees

入場料  なし

4. Acommodation (宿泊費)

宿泊費  EUR 46.2(= JPY 5,405)

5. Meals (飲食費、ワイン含む)

飲食費  EUR 9.1(= JPY1,100)


円グラフにすると、こうなる。




★ 旅の反省 ★

久ぶりのパリでしたがかなり治安が悪化したように思う。どこにもアル中の人はいるし、「お金ちょうだい!」とたかってくるの人もいるし・・・。前はこんなに酷くなかった。ここにもユーロ危機の余波があるのかな〜。
ローカルなマルシェ巡りは楽しかった。


今回の旅で訪問国が一カ国増えました。



create your own visited country map
or write about it on the open travel guide

ドーハーのお土産

カタールドーハ―のお土産は乗り継ぎの空港で調達。

絨毯型コースター(4枚セットでDN 90)・・・・結構高いけど気に入った!

023


ワインは

リオハ(ポルトガル)のIbericos Crianza、葡萄はテンプラニーニョ

南仏の、Gerard Bertrand Reserve Speciale、 葡萄はソービニヨンブラン。

004


私がワインを選んでいたら、英語を話す中国の人に「どのワインがいいのかわからないから説明してくれ」と言われた(笑)。イタリアを中心に何本か説明してあげたら、ごっそり10本ぐらい大人買いしていた。しかもブルネッロでモンタルチーノなどね。「Chinese New Yearのお祝いで飲む」と言っていたけど、味の判る人はいるのかね〜?

次は、旅の予算と実績、反省。 こちらからどうぞ。

パリのお土産

バスティーユのマルシェで。

塩屋さんの塩キャラメル(EUR 15)
ハーブの手作りブイヨン(EUR5)

048


あとは空港で調達

コンテのチーズ(200g) ・・・・・ マルシェで買えば良かったのかも。

006


チョコレート類

・ Mademoisellle de Margaus(Sarments du Medoc)
・ Maxim's de Paris ..... 食べた後、缶が使えて便利♪

005


上司(外国人C氏)には、フォッションのマカロン
写真撮り忘れですが、大変喜んでいました。

次は、カタールドーハーのお土産です。こちらからどうぞ!

関空(KIX)ダイバート

成田空港悪天候の為、まさかの関西空港ダイバート。
座席前方の人達から中之島の大阪リーガロイヤルに案内されることに。関空から中之島まで所要約1時間。

ここからは関空の地上係員が案内。外国人達には英語の説明が不十分。私の隣りの外国人も電話をしているが、なんだか違ったことを言ってる(大阪のホテルから東京までバスで帰るとか・・・。←それ、違うし)。どうしよう?ここで英語で話しかけると面倒な事になるかも。でも、放っておくわけにもいかず、これからの事を英語で説明をしたところ、「一緒に連れてってくれと」・・・・やはり、そう来ました。外国人様まとめてご案内。

大阪リーガロイヤルホテルにチェックイン。
「欠航証明書」も配られました。

024


一泊朝食付き、無線LANも無料。この旅で一番良いホテルでした(爆)。
夜11時過ぎだったのと、大阪なので、東京の雪情報はやってません(- -;

042


夜が明ける前に朝食。店内はシックな雰囲気。

098


Buffetですが和洋中のバリエーションあり。

097


「朝7時20分にロビー集合!」と決めていたが、ちゃんと揃いました。

ホテルから大阪駅からの始発バスは7:30。そこからJRで一駅が新大阪駅。新幹線乗り場まできっちりご案内。新幹線代を立て替える日本円(カード)もがない人がいて(泣;)。冨士山が左手に見えた時も、きちんとMt. Fujiをご案内(まるでツアコン)。

お礼に新大阪駅でコーヒーをご馳走になったり

099


中東のピタパンのようなものを頂いたり。羊肉を挟めと言われたけど、ちょっと困った。
だってスパイス臭いんだもん(><)

026


のぞみで無事東京駅に着き、解散。
私は一旦荷物を置きに帰宅し、そのあと会社へ。そして旅は終わりました。

この旅でお世話なったすべての皆さんに心から感謝です。

Merci ! シュクラン! ありがとう!

次は旅のお土産編で、ルクセンブルグ → パリ → ドーハ― と続きます。
こちらからどうぞ!


ドーハ―から成田・・・・なのだが

ご覧になってない方は是非一日目からどうぞ! こちらです

ドーハ―の乗り継ぎも遅延の為ギリギリでしたが、どうしても気になるものがあり。
絨毯柄のコースターをget。まるでミニュチュアのようで、cool!

023


ドーハ―のお土産はこちらです

相変わらず混雑しているドーハ―空港の円型ターミナル。予想通りここでも遅れて出発。

01:25 ドーハ―発、成田行きカタール航空

機内食はチキンか魚。蒸した白身魚、これは薄味でまずまずの味。

034


帰国便で初めて「カエルちゃん枕」を使ってみた。これ成田のJCBで貰ったもの。
かなり快適でした。

013


成田到着間際、機内食。まだ出るのぉ〜??
和食を選択。蕎麦、寿司(といっても巻物一つ)、チキンの煮物、野菜の煮物とご飯。食べられそう物だけpick up。味は・・・・かなりアレです。

036


もう千葉上空、あと10分ぐらいかな?着陸態勢で毛布も回収され・・・・。田舎の風景も見えてきました。

ん??あれあれ?飛行機が逆方向、八丈島上空を何度も旋回しています。
成田空港での着陸許可が出ないと言うアナウンス。

040


関空に緊急着陸

機内で待機すること約2時間。最後まで成田の着陸許可は出ず大阪のホテル泊となった。機内に関西弁のお兄ちゃんが入ってきてクレーム書類を配った(振込口座など)。大阪のホテルからは自力で帰るらしい。えええ?

次はこちらへ





Nationからシャルルドゴール空港へ

マルシェを堪能し、ホテルの最寄駅からNationまで地下鉄。ここから空港へ。

028


始発のNation(ナシオン)から351番のバスで空港へ。料金はEUR 6、所要約1時間。

030


郊外を通るので、ちょっと不安になりました(^^;

ちょうど出発の2時間前に、シャルルドゴール1タミに到着。ふぅ〜っ(汗;)
空港でお土産などを物色していたら、いい時間になりました。
パリのお土産はこちらです

空港のゲートでは15分間のみですがFree WiFiが使えました。
SSID: WIFI-AIRPORT。ありがたい!

パリ15:00発ドーハ―行き、カタール航空

機内食はビーフかチキンと言うことでビーフに。味付けも濃くて不味い・・・。

032


ドーハ―到着前にはピタパンのブリトーみたいな物も出ました。これも不味い(- -;)

隣の人が結構感じ悪い人で・・・。話しかけられたので彼はバングラデシュ人だった。フランス語しか話せずね。英語バツ。なんかいろんな国に行ったことがあるようで(シンガポール、マレーシア、バンコク、日本)、シンガポールは6カ月と言ってたけど全然英語が話せない人。その他の国はどこも3カ月程度の短期滞在。たぶん不法労働者じゃないかな〜?かなりrudeな人だった。私がバングラデシュに行ったことがあると言ったら驚いていたけど。pcを立ち上げて写真を見せた。

23:30頃カタールドーハ―に30分の遅延で到着。
次はこちらへ



パリ バスティーユのマルシェ

木曜と日曜の朝でるバスティーユのマルシェ。

020


牡蠣

002


さかなクン。。。。。安いけど持って帰れない。

004


綺麗な花。。。。美しい。

006


手搾りのフレッシュジュースのお兄さん

008


うんめぇ〜っ。写真撮る前に飲んじゃいました(^^;

012


014


焼き物もあり。

022


バラもこんな風にグルーピングすると綺麗。

018


塩屋さんで、自家製の「塩キャラメル」と「ハーブのスパイス」を買いました。

048


マルシェって本当に楽しいですね〜。

バスティーユ広場。

024


次はこちらへ

ルクセンブルグからパリへ

ルクセンブルグ駅。

054


駅の向かい側のビルの地下にスーパーあり(左のビル)。
ここでビールを大人買い。

056


駅の自動発券機でパリ東駅行きを発券、

078


ルクセンブルグのお土産はこちらです

ルクセンブルグ発パリ行きTGV

058


途中、接続の関係で50分ほど遅れて到着。

地下鉄でバストゥーユ方面のVoltaire駅へ。

065


駅前の地下には大型スーパーがあり。とても混雑していた。

064


HotelはAl Royal Mad。

026


WiFiも使えてサクサクつながり、電子レンジ、冷蔵庫、洗面台も付いている。
booking comで予約。トイレシャワーが共同だけど利用者の評価が高い。EUR 45。

062


ワインもうまい。セボン!

069



次はこちらへ。

パリからルクセンブルグへ

パリ東駅からルクセンブルグへ。
直行は1日に6本。MetzまでTGVで行きそこから乗り換え。

チケットは駅の自動券売機で発券(フランス語、英語、ドイツ語、スペイン語、イタリア語対応)。TGVは早いけど高いな〜。Metzまで1時間ちょっとで乗り換え。

002


TGVも20分ぐらい遅れる。乗り継ぎ間に合わず。
Metzからルクセンブルグへはさらに約1時間。

★ ルクセンブルグ情報 ★


正式国名: ルクセンブルグ大公国
面積: 2586平方キロメートル(神奈川県とほぼ同じ面積)
人口: 約50万2000人
首都: ルクセンブルグ
政体: 立憲君主制
言語: ルクセンブルグ語、フランス語


ちなみに、ルクセンブルグの発音は「リュクサンブー」。日本語読みだと通じない。


ルクセンブルグの街並み。かなりブレブレです。雨か?(・・・・いえ、雪でした)。

006


ルクセンブルグは北のジブラルタルの異名を持つ城壁都市。
旧市街は世界遺産に登録されている。

安宿(新市街)は駅前に集中しているが、旅の印象が変わるので贅沢をして旧市街の世界遺産に泊まる。駅から旧市街へは徒歩15分程度。バスもあるけど景色を楽しみながら宿に到着。

Hotel Vanban

ギョーム広場のまん前、市庁舎の向かい側。最高のロケーション。
一泊朝食付き、無線LAN付き。booking comで予約。

009


bonne nuit!  次はこちらへ

美味探訪
Archives
Categories
記事検索
Traveler in a foreign land. UA Million mile flyer.
楽天市場
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

あにー

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ