日比谷で浮世絵体験をした後、映画「プロミシングヤングウーマン」を観た。
原題「Promissing Young Woman」。監督、エメラルド・フェネル。出演、キャリー・マリガン、ボー・バーナム、アリソン・ブリーなど。

2021年度アカデミー賞 脚本賞受賞

大学の医学部に通うキャシーがある不可解な事件に巻き込まれ、その有望な前途を奪われてしまった。平凡な生活を送っているかに見えるキャシーにはみんなが知らない別の顔を持っていた・・・・。この続きは是非劇場でどうぞ!

プロミシング・ヤング・ウーマンとは、「明るい未来が約束された若い女性」

アカデミーの前哨戦でも町山(智浩)さんがこの作品を絶賛してましたね。なんとも強烈な作品で脚本も素晴らしいです!なによりも『The O.C.』セス・コーエン役のアダム・ブロディが出ていてびっくり。大きくなりましたね。それにしても、なぜ今頃?公開が遅かったな〜!