平日夜六本木で、映画「リチャード・ジュエル」を観た。
原題「RICHARD JEWELL」。監督クリント・イーストウッド。サム・ロックウェル、キャシー・ベイツ、ポール・ウォルター・ハウザー、オリビア・ワイルド、ジョン・ハムなどが出演。1996年にアトランタで起きた実話。

爆破テロ事件が勃発。警備員をしていたジュエルの力で多くの人命が救われ、ジュエルは一躍時の人となった。しかしその三日後、爆弾の第1発見者であるジュエルが、FBIから疑われ容疑者となる・・・・。すべてがネタバレになるので、この続きは是非、劇場でどうぞ。すごい実話だ。

ジュエルと弁護士のワトソンの絡み、ジュエルと母の親子愛、特ダネのためなら何でもするビッチな女性記者、この辺が見どころだと思う。最後はちょっと悲しい感じで終わったが、さすが、クリント・イーストウッド!という作品