仕事帰りに恵比寿で映画「マンチェスターバイザシー」を観た。
原題「Manchester by the Sea」。監督ケネス・ロナーガン、主演ケイシー・アフレック。ミシェル・ウィリアムズ、カイル・チャンドラー、ルーカス・ヘッジズ、カーラ・ヘイワードなどが出演。

2017年アカデミー賞で、脚本賞、主演男優賞(ケイシーアフレック)を受賞したことも記憶に新しい。

ボストン郊外で便利屋として働くリー。突然の兄の死をきっかけに故郷マンチェスターに戻る、16歳の甥パトリックの後見人となる。実はリーにはつらい過去が・・・。この続きは劇場でどうぞ!

この作品はhumanですね。人が関わり、寄り添う。悲しみを乗り越えてきた人の心に響く深い作品。プロデューサーはマットデイモンなんですよ(彼の構想)。当初、主演はマットデイモンだったらしいが、ケイシーアフレックに譲ったとのこと。なるほど!合点。ケイシーの方が合ってるな。

映画を観終わって「何だかわけがわからなかった」と言ってた人がいたけど。
これはね、薄っぺらい心には響かないのです。