Good morning! 、キーカーカーの朝です

またもや深夜にすごい雨が降りました。朝起きたらベッドに雨漏り。そして床のあちらこちらも雨漏り、というか完全に浸水。テーブルの椅子のところにかけていた衣服も狙ったように雨漏りが。。。半分ぐらい服を置いてきました。洗って着てくれると良いと思います。

Check outする時、「大丈夫だった?」と聞かれたのではっきりと伝えた。「海の家」が崩壊状態だから(笑)。

10:30 キーカーカー → 11:30 ベリーズシティ

image


所要1時間、料金30ベリーズドル

image


行きより、戻りの方が時間がかかる。潮の流れの関係ですかね。

image


空港に行くには1時間ちょっと時間があるので、船着き場の外を出て店を探す。
入った店はバングラデシュ人達が働いている(オーナーは中国人だと思う)。私が「バングラデシュに行ったことあるよ」と言ったら親切にしてくれた。彼らはインド人が嫌いなんだそうです。

船着き場に戻り、まだ時間があるのでぶらぶら。こちらのお店の人はスリランカ人が働いていた。「スリランカに行ったことあるよ」と言ったら親切にしてもらえた。荷物も置かせてくれた。彼は「インド人は好きだけど、バングラデシュ人が嫌い」とのこと。

バングラデシュ人、スリランカ人、インド人、みんな見た目は同じなのに・・・。

キャシュカードが使えたのでここでもお土産を買って、残ったベリーズドルでビール(スタウト)を飲む。

image


もう一人の店員さんが戻ってきた。彼はバングラデシュ人とのこと。さっきの店で買ったお土産を「割れたらいけないから」と一つづつ新聞紙で包み直してくれた。他の店で買った物なのに、なんて親切な人だ!

それにしても、ベリーズシティはキーカーカーの店より安いかと思ったけど、こっち(ベリーズシティ)の方が島より高いってどういうことだろう?人件費かな?

13:00 船着き場 → 13:20 ベリーズ空港

空港に行く手段がタクシーしかないのだ。ここが不便。
料金は一律50ベリーズドル。事前交渉でディスカウントしてもらって40ベリーズドル。

image


ドライバーのアーリーさん。ベリーズ出身。
船着き場の門を出た正面のチャイニーズの店に住んでいます。

今日は彼の弟さんのお葬式だそうで、空港へ送り届けた後また葬儀に戻ると言ってました。だから黒い服を来ていると言っていた。享年17才。早すぎる死。「病気だったの?」と聞いたらsuicideだそうです。Sorry to hear that.

「ベリーズシティには日本人がたくさん住んでいる」と言ってました、一人も会いませんでした。

image


15:35 ベリーズ − 19: 05 ヒューストン

入国審査後、ヒューストンではUAのラウンジが使えるので、スープとサラダ。

image


21:55 ヒューストン − 23:55  ロス

深夜到着。さっ、寒い!気温摂氏10度。この寒いのに空港内、なぜかエアコンが効きすぎている。使うことはないかと思ったが、ジャケットとダウン登場。

数時間後にサンフランシスコ行きに乗るので空港泊。次はこちらへ。