ネパールの中部地震が心配になり、Dilipさんがいる「SAPANA」に行ってきました。
SAPANAのスタッフさん達のご家族の安否は確認できたようですが、ご親戚、ご友人の方々が被害に遭われているようです。

首都カトマンズの被害が大きいようで、支援はここに集中。そこからポカラに向かうチトワンに続く道が、地割れなどで分断され、孤立化しているで、山に住む人々はもっと深刻なようです。支援はヘリじゃないと無理だと言ってました。今必要なのは「薬」だそうです。

政府の支援を待っていたら遅過ぎて死んじゃいます。
「応援」より具体的な「支援」が必要です(知り合いに寄付など)。
震災を体験した日本だから知恵はたくさんあると思います。

お店の人達は、自分の故郷が大変な状態なのに気丈に働いている。

ランチセット 950円 ・・・ 6段階の辛さの「6辛」にした。汗もかかずに完食。

KIMG0644


Dilipさんがエアチャイにしてくれました(ランチタイムはやらないんだけどね)。

KIMG0645


後ろ髪引かれながら出発します!