週末、六本木ヒルズで映画「アメリカン・スナイパー」を観た。
原題「American Sniper」、監督クリント・イーストウッド、主演ブラッドリー・クーパー、シエナ・ミラー、ジェイク・マクドーマン、ルーク・グライムス、ナヴィド・ネガーバン、キーア・オドネルなどが出演。

イラク戦争の時代、 「レジェンド」の異名を持つ凄腕の米海軍特殊部隊ネイビー・シールズ隊員クリス・カイルの実話。過酷なイラク遠征は4回参戦、およそ300日余りで計160人を撃ち殺したクリス。戦地から引き上げ、妻子の元へ戻った彼は、見えない心の病と戦っていた。

戦地は異なるが[Fury」にも似た映画。Furyはブラッド・ピッドが良い役どころだったが、「American Sniper」はブラッドレイ・クーパーがややdirtyだったかな。アメリカ人はベトナム戦争から学ばなかったのだろうか?

アカデミー賞有力候補と言われながら、厳しい戦いになると思う。
ここ数年ノミーネート止まりで終わっているブラッドレイ・クーパーには、主演男優賞を獲ってもらいたい。

クリス・カイルは本も書いている↓ 、「ネイビーシールズ・最後の狙撃手」