週末夜、「アセナ」に行ってきました。
レベントシェフが倒れてちょうど二週間。スタッフの皆さんが「アセナ」の灯を消さないで、しっかりお店を守っています。ランチは通常営業。夜はメニューを少なくしてワインバーとして営業。形態が変わっても、私のようにお酒を楽しむ人には嬉しいメニューの数々です。

週末夜、早速伺いました。この日のメンバーは、フードアナリストの皆さん達。食に詳しいprofessionalな楽しい会。タダの食いしんぼうではありません。

私は少々遅れて到着したため写真はありませんが、前菜の盛り合わせを食べていたようで、「ひよこ豆のペースト」がわずかに残っていました。これもうまい!

やはり最初はトルコの「ヴィラドルジャ」。エーゲ海のワイン。

009


まずは、cheers! このワインも料理に合う!!

016


エキメキ(自家製パン)。アツアツのモチモチです。これも昼より夜がいい!

010


羊飼いのサラダ。野菜だけのサラダです。トマトも丁寧に皮を剥いてます。

011


ケバブ盛り合わせ(チキン、ラム、キョフテ) 。焼き方もいいですが、スパイスもいいですね。
私は普段肉食ではありませんが、ここのケバブはうまい!

012


ルーマニアの「クロ・ビュザロ ピノ・ノワール」。「ワイン王国」三つ星を獲得・・、とありました。
フルボディーで深い味わい。これもいい!

013


「白チーズの春巻き」。ワインにぴったりのおつまみ。これもいい!

015


オーストラリアの「パジャースクリーク」。ワインの産地アデレードのワインです。

019


結局4人でボトルを3本開けました。
ワインはソムリエセレクトでコストパフォーマンスがいいものばかり。

やるな〜、ブーチンシェフ♪ 「アセナ」の皆さん、ご馳走さまでした〜♪
レベントさんも集中治療室(ICU)から個室へ移動しました。順調に回復しているようで本当に良かった!

レベントシェフ復帰のあとは、ブーチンシェフで「アセナ」二号店の展開もいいかも・・・、と妄想した夜でした♪