アンニョンハセヨ!

(旅の初めからご覧になってない方は、是非初日からどうぞ。こちらです)

08.40 韓国仁川空港到着。モスクワからだと早い!

ここでtransit。充分過ぎるぐらい時間を開けています(あと13時間)。同日着くなら最終便でいいやと思いこれに!
一度入国審査を経て、韓国の友人に電話。
「ヨボセヨ〜。ジョヌン○○ イムニダ」と、まずは到着の連絡。チャッカンマン キダリセヨ!

モスクワでネット検索中に、仁川空港の地下にSPA on AIRがあるのを発見。早速探検。

085


入場料、夜はW20,000なのだが、午前なのでW15000でOK。タオルも二枚くれます。
アカスリ 30分(W20,000, excl.tax)もやってみた。マッサージも魅力的だったがここは我慢。

男女別になっています。共有の「ラウンジ」という部屋もあります(仮眠室もあり)。これはいい!
とてもゴージャスな更衣室。

084


サウナは、ドライとスティームの二つ。
旅の疲れもいっきに吹き飛びました。滞在時間2時間ちょっと。次の約束があるので・・・。


また友人に電話、「ヨボセヨ〜」。6003番のバスで木洞駅まで。約1時間。久々の再会。

Bulgogi Brothers(ブルゴギ ブラザーズ)」というお店で昼食。
まずはお通しが出ましたよ。韓国のトウモロコシはstickyで美味しいんです。枝豆と薩摩芋。

086


こちらもお通し。小皿料理が並びます。これも嬉しいですね。

087


ビビンパと冷麺を仲良く分けていただきました。山菜が沢山入っていてヘルシーです。

088


大好きなムルレンミョン(平壌式の冷麺)、さっぱり味。マッシイッソヨ!

089


この後、友人宅にお邪魔しました。お母様にも久々にお目にかかりました。お母様はお孫さん(1歳)の世話をしていました。韓国では共働きの家は、赤ちゃんを1〜2年(またはそれ以上)実家に預けるのが普通のようです。娘さん(実の母)は週末だけ子供の顔を見に来るそうです。サムソンには託児所があるようですが(無料)、家によってはある程度成長してから預けるようです。なるほど!これで働くママも育児に手を煩わせることなく、仕事に集中できると言うわけです。育児ノイローゼもありません。


友人です。私の為にわざわざお休みを取って頂きました。カムサハムニダ。

090


この後、久しぶりの再会に話に花が咲きました。さぁ〜、買い物でもってことで「韓国海苔」もお土産に。「エゴマ」を使っていて、かつ「無化調」と書いてありました。これはいい!

メガネも作る。私は家では夜メガネなのですが去年壊してしまって・・・・。仕方なく度付きのサングラスだったんです(昼でも夜・・・みたいな)。検眼から30分ぐらいで出来ましたよ。私の場合、強度近視なんで日本だと圧縮レンズになり取り寄せになるんですけど〜(当日はできない)。流石韓国の技術ですね〜。早い、安い、うまい!(?)。レンズ、フレーム込みでW280,000。カード払い!強度近視でなければW50,000ぐらいで出来ますよ。


そして、夜6時半ごろ友人と別れバスで仁川空港へ向かいました。カンムサハムダ。アンニョン!

Boarding Passはキエフから続きでもらってますので、check inなしでラクラクthrough。
空港のではブルゴーニュのワインを二本get。最後だと思って買っちゃいました。持って帰れるのか〜?ケンチャナヨ〜!

空港内でもFree WiFiが使えます。いいですね、仁川空港。

韓国のお土産。韓国海苔(x 6)、ワイン(x 2)。

110512_2016~02



仁川発、羽田行き最終。2時間ぐらいで到着です。

21:20 ICN - 23:30 HND (KE719)

機内食も出ましたが、大きな鶏の入った筑前煮のようなものとご飯だったので食べませんでした。メクチュ(ビール)だけ。Happy 泡〜。ぷはぁ〜っ!

23:30 羽田到着。荷物は出てくるかな〜?キエフでぐるぐる巻きにしなかったんだけど〜。出てきました!

空港からは最終の24:02の品川行き最終快速電車がありました。これに乗り、途中からタクシー。
家に着いたのは1時過ぎ。まぁ〜、でも近いよ羽田。通常1時間以内でいけるんだから。便利。


「ロシアビザ」申請から始まり、「ベラルーシビザ」まで。通勤の往復ではどんなに疲れていても、ロシア会話の勉強。旅の途中、もっとロシア語を勉強すれば良かったと思ったけど・・・。

この旅で出会った皆さんの事は忘れません。お世話になったすべての皆さんに心から感謝です。

スパシーバ―!  カムサハムニダ! ありがとう! 


♪  今のキミを忘れない by ナオト・インティライミ