ドーヴラェ ウートラ!

(旅の初めからご覧になってない方は、是非初日からどうぞ。こちらです)

ロシアの朝食ってどんなもんでしょう?ロシア人は三食の食事の中で朝食を最も食べるとか?写真はホテルの朝食(Buffet)ですが、見た目と違って不思議な味の物がありました。

017


この旅には、4つの大きなハードルがあります。ここが第二の関門です。
その一つ、まずは、ベラルーシ行きの夜行のTicketを買う事。ロシア語しか通じない国ですから、どんだけ大変かわかってます。朝食の後、ヴィテブスク駅まで行きました。ヴィテブスク駅は地下鉄のプーシキンスカヤ駅の隣にあります。

まず、地下鉄のカード(10回券)を窓口で買う。RUB 230。使い方はPasmoやSuicaと同じ。

016


かなり深い地下鉄。エスカレーターがなければ無理です(階段はありません)。

010


ロシア諸国を旅する時はパスポートを携帯しないと罰金の対象です。街を歩けばすぐ警官にパスポート提示を求められます。

ヴィテブスク駅に到着。ここは国際列車が発着する駅。とりあえず窓口に並んでみることに。さて?でもどこに並ぶ?ロシア語しか通じないよね〜、ロシアだもん。通じなかった時の為に紙にもロシア語で書いてみる。窓口のオバ様達の対応が非常に悪くとっても無愛想。無事自分の順番がきたので話し始めたら、突然バシッと電気を消していなくなる。一瞬、何が起こったのかと思い後ろのご婦人に聞いたら休憩時間なんだそうだ。いくらなんでも、やりかけの仕事をそのままにして・・・、こんな仕事の仕方はしないよなぁ〜。そして次の窓口でも同じ目に遭遇。三人目にして、なんとかTicketの値段を確認。満席で一等個室寝台はRUB 3,436.90しかないって。え〜〜。足りないのでキャッシュディスペンサーでRUB 1,000引き出す。駅はディスペンサーが主流で両替所がない。

再度並んでチケットを購入。ハラショー!しかし良く見ると今日の電車になってるぅ〜!あー、やっぱり良く見ないとだめだ。ちゃんと言ったのに。そこでまたre-issue(再発行)。すぐ気が付いて良かった。ほっ!

これがミンスク行の切符。車両、席まで書いてあるが、キリル文字で理解不能。最初は「一等個室寝台しかない!」と言われたが、今日の分ではなかったので変更したら安く済んでその分refundしてくれた。スパシーバ!二等コンパートメント(4人)はRUB 2,611.40。もちろん私は二等寝台ね。

014


これでやっと安心して観光ができます。第一関門クリア!

宮殿広場

中心には、アレクサンドルの円柱がそびえ立つ。

011


エルミタージュ美術館

世界屈指の大美術館であると同時に、サンクトペテルブルグズ随一の宮殿。収蔵美術品の数は300万点、展示品全部歩くと20勸幣紊砲盖擇屬噺世錣譴討い泙后

012


入場料RUB 400。高いけど、誰もが一度は見たい場所。

018


入口からすぐのところ。天井も壁も美しい装飾が施されています。

016


とても一日では見切れないところを数時間で堪能(笑)。

017


エルミタージュの3Fからの眺め

020


ネフスキー大通り

015




地の上の救世主教会     入場料RUB 200。

008


1881年に皇帝アレクサンドル二世が暗殺された場所の上に立っている。皇帝アレクサンドル二世のメモリアル。ソ連時代は粗末に扱われ、一時期は倉庫として扱われたが、その後、長く修復期間を経て現在の美しい姿によみがえった。

003


中もこんな。教会なので狭いが美しい壁画の数々。素晴らしい。

020


ほら・・・。

021



「LAIMA(ライマ)」でかなり遅いランチ。

005


ロシア語が分からず、適当に注文。こんなものが出てきました。マッシュポテト、クレープ生地の中にカッテージチーズが入ったもの。これらはロシア料理の定番のようです。そして紅茶。RUB143なり。換算すると450円ぐらいか。

004




ペトロパヴロフスク要塞へ。地下鉄二号線のゴーリコフスカヤ駅の近くにあります。
公園を抜けて橋を渡ります。

入口

007


ペトロパヴロフスク要塞

時間が遅くて中は見ることはできませんでした。でも、この上に↓ 登ることはできます。入場料RUB 150。

004


006


ここからエルミタージュ側の景色が一望できます。

005



このポテトチップスは「きゅうり味」です。こちらでは人気のようで青臭い感じですがハマります。それとビールね。

013


夜は10:30ぐらいまで明るい。充実した一日でした。to be continued......次はこちらへ