Buon Viaggio

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイルフライヤー。リーマンパッカー!

No hurry, no worries! UA Million mile flyer. 世界を歩いて100カ国。UAミリオンマイラー。
(写真: ノルウェイのブリッゲン - 世界文化遺産)

← グルメ記事はこちらのblog(美味探訪)に移しました。 → →

【北欧・バルト三国】

ゴールデンサークル観光

Godan daginn アイスランド語で「おはよう!」

昨日買ってきたヨーグルトを食べる。うまい。

KIMG2300


ホステルの1Fにはカフェがあり、カフェラテを注文、ISK 550。ちなみにコンチネンタル朝食はISK 1500だったかな?やっぱり高いな。

KIMG2302


昨日は到着も夕方だったので、どこをどうまわるかにも考えていない。ちなみにアイスランドは交通が車かバスのみなので、観光する場合はツアーで回るのが一般的。その料金も割高。さっそく近くのツーリストインフォメーションへGo!

ツーリストインフォメーションは朝8時から始まってます(9月16からは10時始まり)。一番乗り。

KIMG2303


今から参加できるものを探し、「Reykjavik Excursions」のツアーを申し込む。ISK 9000.

KIMG2306


一旦宿に戻り、10:00のお迎えを待つ(各ホテルなどに送迎してくれる)。そこからバスターミナルで合流し、10:30にバスターミナルから出発。

最初の目的地Pingviller National Parkへ。詳しくはWikiで
自分達で好きに観光します(ガイドは付きません)。決められた時間内に戻る。

いや〜、かなり寒いw。最初はウィンドブレーカーを着てたが、早くもダウンを出す。

038


羽田空港内のユニクロのダウンを買ってきて良かった〜。

KIMG2275


断層、プレートですね。アイスランドでは左右に引っ張られ大地の割れ目ができる。その割れ目を「ギャオ」という。ギャオ?

ここでヨーロッパ側とUS側と断層が分かれる。ギャオです。

039


次はゴールデンサークルへ。

普通は地下に埋まっているものが地上に出ている。

047


ぶくぶくしていて

048


間欠泉、キタ〜!

049


温泉といっても日本ほど硫黄臭くありません。

050


まさに源泉かけ流しですね。卵を置くと温泉卵ができるんですが・・・。そんnビジネスもないようです。「所変われば」ですね。

053


再び、キタ〜!

054


ランチも食べずにずっと見とれてました。
時間がなくてお土産も買えず・・・・。

次の目的地はGullfoss Geysir

056


058


061


自然は偉大だ!

062


レイキャビークに戻ります。16;30解散。

Steveが私に観光案内をしてくれるそうです。Thanks!

レイキャビークといえばこの教会。建物の形もかなり変わっています。

067


中もびっくり。ヨーロッパの教会とは違いかなりシンプルにな造り。

065


パイプオルガン。これだけ大きいと音も良さそう。

066


Steveと一緒に食事をすることに。彼は明日LAに戻るそうです。「じゃ〜、アイスランド最後の晩餐だね!」。でも時間が微妙に6時前なので、高級店は開いてなく、昨日散策して見つけたおいしそうなシーフードの店へ。

どうやら有名な店のようで、表側には日本人がたくさんいました(>_<)。私たちは裏の席に通してもらいました。アメリカンばかり(笑)。

070


Steveの話では、アメリカではアイスランド観光がメジャーだそうです。各都市から直行便が多く出ているそうですよ。そうか・・・・、私は中東経由26時間ぐらいかけてきたのに・・。

ロブスターのスープにはパンも付きます。

068


鱈の串焼きやベジの焼き物。
鱈の串焼きは焼いただけのかなりシンプルな味付け。日本人なら醤油をかけたいかもね。ベジの焼き物は、ポテトがベールなので、衣が付いてないコロッケみたいな感じ。

069


おいしいのに二人で食べISK 4900ほどでした。ごちそう様でした。

宿に戻ると私のベッドにほかの人の荷物が・・・。荷物を置いて外出したようだ。なんちゅーこと?ここは私のベッドだよ。1Fの受付でその話をすると、「荷物をどけていい」と言われたので即どけた(笑)。

食事も早めに済ませたし、早めに就寝。Goda nott.  (ゴウザ ノット)

to be continued............ 次はこちらへ

レイキャビーク空港から市内へ

レイキャビーク空港へ到着。
オスロで入国審査をしたのでレイキャビークでは不要(シェンゲン協定域内)。そのまま到着ロビーに出て荷物を待ったがとうとう荷物は出てこなかった。どうしたことか?アイスランド航空のカウンターでクレームレポートをお願いすると、「スーツケースの色は?」と聞かれ、「バッグパック」と答えたところ、バックパックは大型荷物の場所から出るとのこと。えええ!がび〜ん!早く言ってくれ。あぁ〜、でもあった、良かった。ほっ!

両替をしようと思ったが長蛇の列。日本人が多かったな(こんなに観光にくるのか?)。バス券も機内で買ったし、アイスランドはどこでもクレジットカードが使えるようだから、両替は諦めそのままバスに乗った。

KIMG2292


ちなみにこのバスのチケットはDoor to Doorで宿泊先に行ってくれる。場所も迷わずに行けるし、荷物の重い人にも助かる。料金は片道2700、往復5500。

KIMG2291


アイスランドの最初の印象としては「どこまでも平坦」。高いビルがあまりない。

バスに乗ること40分ほどでバスターミナルに到着。そこから行先別に小さなバンに乗り換える。

今日の宿、「レイキャビークダウンタウンホステル:に到着。
ダウンタウンの中にありロケーションが良く人気のホステル。booking comでも評価が9.物価が高い北欧ではやむなし。ドミでも一泊EUR 37.14。イスラエル並みに高い。Free WiFi.

KIMG2294


夜8時でもまだ明るい。近所を散策。

KIMG2295


でもやっぱり風も強く寒い。冬支度で良かった。

KIMG2298


スーパーで調達。水、ヨーグルト、クラッカーを調達。この三点でISK 716。
(279、199、238)。この高さに驚く。アイスランド人は「日本は物価が高い」とは思わないだろう。

KIMG2300


ディスペンサーを見つけたので、外貨も両替。ISK 5,000を引き出す。Transactionを見たらほぼ日本円と同額。持ってて助かるCitibank Card (今はSMBC信託に変わったが)。

アイスランドクローネ

KIMG2301


長い一日でした。to be continued........... 次はこちらへ

オスロからレイキャビークへ

昼12:45ごろ、オスロへ到着。
カタールとノルウェーの時差はさらに2時間(日本とノルウェーは8時間かな?)、

ここからレイキャビークまでは2時間の乗り継ぎ時間がある。到着したら入国審査が長蛇の列。1時間ぐらいはかかったと思う。でもここから国際便の乗り継ぎがすぐの場所にあった。助かった〜。

オスロの空港のDuty Free。
税金が高い北欧ではかなりお得な買い物。ワインなどの爆買いが目立ちました。

KIMG2287


日本酒もあり。日本では聞いたことがないので見ていたら、お店のお兄さんが、「ノルウェイで作られている日本酒たよ」と教えてくれた。へぇ〜っ!

KIMG2286


お札を入れたら両替できる自動両替機もある。

KIMG2288


ゲートの近くには回転寿司の「Yo」。ちゃんと回っていた。一番安い皿でNKR 25から。

KIMG2289


ここからアイスランド航空でレイキャビークへ。

14;40 オスロ発、レイキャビーク行き (アイスランド航空)

ソフトドリンクは無料。

KIMG2290


機内でレイキャビークから市内へ行くバス券を売っていたので買った(カードOK)。

KIMG2291


2時間半ほどの飛行でレイキャビークへ到着。
次はこちらへ

ドーハーからオスロへ

アッサラームアライコム

早朝5:45、カタールドーハー空港へ到着。
日本とカタールとの時差は6時間。まだ夜が明けてません。

乗り継ぎ便が6:50なので急ぎます。でも乗り継ぎのセキュリテイーが大混雑。大丈夫か?セキュリティで30分ぐらいかかったかな?すでにファイナルコール。ここを通過しても、広い空港なので次のターミナルまでかなり歩きます、いえ、走ります。

ゲートに着くと係り員の人にこのバスに乗るように言われた。10人でいっぱいになるような贅沢なバス。私のように接続便がギリギリの人もいるので、数人まって出発した。

KIMG2282


06:50 ドーハ発オスロ行き

出発して1時間ぐらいでまた機内食が出た。今回はベジタリアンにした。

KIMG2283


この便もBoeing 787。機内エンターテイメントも充実
オンデマンドではやはりドキュメンタリーを見る。ポルシェをカスタマイズする日本人(名前誰だっけな?・・・あとで補足します)のエンジニアの物語を見た。日本人やるな〜!

6時間半ぐらいの飛行。東京からシンガポールぐらいの距離。

ようやく昼の12:50 オスロに到着。さぁ〜乗り継ぎ。次はこちらへ。

羽田からドーハーへ

夜、羽田空港でcheck in.
冬支度の荷物が予想外の大容量。久しぶりに行きから荷物を預けることにした。カタール航空ではドーハー乗り継ぎ後オスロまでなのだが、別発券で買ったその先のレイキャビークまで荷物をスルーで送ってもらえないかどうか交渉。予約を連携させてもらって送ってもらえることになった。助かる〜。

カタール航空はシルバーなのでラウンジの招待券をもらう。

KIMG2273


ラウンジに向かう途中、ユニクロがあった。
国際線ターミナルのユニクロは23時までやっている。そうだ、ダウン。紺のウルトラライトダウンを買う。5,990円。軽量でこんなに小さくまとまる

KIMG2275


ご招待いただいたラウンジは「TIAT アネックスラウンジ」。

KIMG2277


アルコールも軽食も無料。若干、生ビールのグラスが小さい。

KIMG2274


小腹も心も満たしたところでいよいよ出発。

24;30 羽田発、ドーハー行き by カタール航空 (QR813)

機内食 洋食二種、和食のセレクトから和食を選ぶ。

KIMG2278


Boeing 787なのでオンディマンドのビデオも楽しめる。
カタールまでの飛行ルートはインドを横切る。こんな感じ。

KIMG2281


機内エンターテイメントでは「Misoなんとか(あとで捕捉します)」という、オーストラリア男性(38歳)が、食生活を和食にして25kgの減量したドキュメンタリーを見た。まず、日本に来日し旅をすることから始まり、そこから帰国し、実生活も和食にしていた。肉は食べずに野菜中心で納豆、豆腐、味噌とか。視点がおもしろかった。

深夜便なんでほとんど寝てました。
約9時間の飛行の後、到着前の朝食。「おかゆ」にした。暗くて見えない(汗;)

KIMG2279


早朝、ドーハーへ到着。
乗り継ぎわずか1時間。大丈夫か? to be continued,,,,,,,,,,, 次はこちらへ。

旅準備編 5- カタール航空 Web Check in

カタール航空のWeb check inは出発の48時間前からできる(以前は36時間前だった)。
シートリクエストは前方最前列。web check in、ボーディングパス印刷。

なんと、Web check inしたら、早速ドーハーのDury Free 10% offクーポンがもらえた。cool〜。これは嬉しい。早速、行きの乗り継ぎでデーツ買っちゃうぞ!

KIMG2271


荷物のpackingはまったっく進まない。←いつも通り。
今回は冬支度なので大きい = やや重い。←いつもと違う。
服などは現地では捨ててくる物ばかりなので、空いたスペースに現地のビールが詰められる。

まだ調達していない物 ・・・・ 折りたたみのダウン。空港の「ユニクロ」かな?

いよいよ出発だ!

旅準備編 4 - 天然温泉平和島 (カタール航空で無料)

天然温泉平和島を予約。
今回も羽田到着便(QR812便)なのでカタール航空の羽田到着便のサービスで無料で利用できる。利用の仕方は、天然温泉平和島のサイトからWeb予約。荷物も500円で送れるサービスあり。

前回、カタール航空の羽田到着便で利用時のblogは、こちらからどうぞ

今回は、スイススペイン香港、の旅に続き、4度目の利用になります。

もう旅の締めくくりは温泉、これだね!

旅準備編 3 - オスロ ←→ レイキャビーク 予約・発券

航空券をSkyscannerで検索し、オスロ ←→ レイキャビーク往復を予約・発券。
航空会社はアイスランドエア。LCCという選択もあったのだが、フライトが早朝発なので使い勝手が悪い。

******************************************
OSL 14:45 - KEF 15:25 (FI319)
KEF 01:10 - OSL 05:40 (FI316)

行きの予約クラスはL、帰りはO。アライアンスはFinairlなど。
航空券はコミコミ GBP 233 (ポンド建て)
******************************************


乗り継ぎも2時間もあれば問題ないだろう。ただ、ここ(オスロ)でEUの入国審査をしなければならないので慌ただしい。比較検討しすぎて、価格がGBP 40ぐらい上がってしまった。行きは問題ないが、帰りはちょうど良い時間がなく深夜便。一泊節約になるし、まぁ〜いいだろう。オスロも半日観光できる(前回のリベンジ)。寝ずに観光。オスロも二度目なので問題ない。

レイキャビクの宿は、市内中心地にとりあえず1泊だけBooking comで予約。ホステルのドミでも€ 40はする。まぁ〜、北欧だから物価が高いのはしかたない。後は、移動しながら宿を考えよう。

「あ〜、いよいよ行くんだな〜」という気になってきた。



旅準備編 2 - Lonely Planet 「Iceland」

Amazonでロンプラ(Lonely Planet)の「Iceland」を買った。
「ガイドブックは要らないか?」とも思ったが、最低限の地理、歴史を知らずに旅をするのはもったいないかなと。過去にロンプラ(英語版)で旅をしたのは、マルタ、キューバ、バングラデシュなど。当時はマイナー過ぎて「地球の歩き方」などなかった。

KIMG2235


昔と違って、ちょっと色も付いて見やすくなった感じ。

KIMG2236



旅準備編 1 - Oslo行き予約・発券

やっと秋休みの予定が決まった。9月出発。
検索サイトはSkyscanner、エージェントはExpedia、ネット予約・発券。

・ 行きも帰り羽田空港、近くて便利

・ 帰りが羽田着22:45なので、またもや天然温泉平和島が無料で利用できる<。翌朝から仕事なので泊まるかどうかは未定

******************************************
HND 0:30 - DOH 05:45 (QR813)
DOH 06:50 - OSL 12:30 (QR175)
OSL 17:45 - DOH 01:10 (QR176)
DOH 07:05 - HND 22:45 (QR813)

行きの予約クラスはM、帰りはV。飛行マイルの75%加算
航空券はコミコミJPY 77,112

******************************************

ここから別発券でレイキャビク行きを予約. 発券予定。



美味探訪
Archives
Categories
記事検索
Traveler in a foreign land. UA Million mile flyer.
楽天市場
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール

あにー

「Amazonライブリンク」は提供を終了しました。
最新コメント
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ